マッチングアプリ

マッチングアプリ写真なしってどうなの?結婚したいなら顔写真は必須

30歳も目前、結婚を考えているのですが、リミットが近いのでけっこう焦っています。

非モテ、コミュ障、社畜男子のため、マッチングアプリ「顔なし」で利用しているのですが、今のところ芳しくありません。

やはり「顔あり」でないと厳しいでしょうか?

オススメを教えてください。

 

こんにちは、はるきんです。

非モテ、コミュ障だと、なんとなく自信が持てず、引っ込み思案になってしまいやすいと思います。

「写真載せたくないな」

そんな想いになるのも無理もありません。

僕もそうでした。

しかし、もしあなたが本気で結婚を目的にマッチングアプリをするなら顔写真は必要です。

なぜ結婚を目的にした場合、顔写真が必要なのでしょうか?

ぜひご一読くださいね。

 

結婚目的ならマッチングアプリは「顔なし」より「顔あり」

あなたが結婚目的でマッチングアプリをするなら顔写真は必須です。

あなたはこれまでにこんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

外見はその人の内面を映し出す

 

例外なくあなたの外見にもあなたの内面が映し出されています。
「造作」造作以外であらわされた「あなたらしさ」を見て、相手はあなたを判断しているからです。

もしあなたがマッチングアプリを「顔なし」にすると、相手は「あなたという情報」を受け取れなくなります。

「あなたのことがわからない」と思ったその相手は、あなたにどのような反応態度行動を取るでしょうか?

「好意的ではなさそう」な印象を持つのではないでしょうか。

 

でも、できれば「顔なし」がいいのですが。

はるきん
そうですね。
心の準備も必要ですしね。

 

では、次は結婚目的でマッチングアプリをするなら、なぜ顔写真が必要なのかについてお伝えします。

 

なぜ、結婚目的なら「顔なし」より「顔あり」なのか?

あなたがマッチングアプリで出逢いを求めるとき

「顔あり」を選びますか?
それとも「顔なし」を選びますか?

おそらく「顔あり」を選ぶのではないでしょうか。
「相手のことがわかる」から、ですね。

わかれば判断できます。

生理的に受け付けるか、波長は合いそうか、誠実そうか、etc.

その人の佇まいから

「こんな感じの人かな」とあたりをつけることができるからです。

 

あなたが出逢いたい相手も同じです。

 

あなたがそうするように「あなたのことを知り、自分と合いそうか」判断します。

もし結婚を考えている場合は「この人と一生やっていけそうか」ということまで、写真1枚から感じ取れる範囲であたりをつけます。

単に顔の造作だけ見ているわけではありません。
顔写真には想像を超えた圧倒的な情報量が詰まっているからです。

 

https://twitter.com/epaipaie/status/1218756417378668546?s=20

 

「見た目」とは物理的な顔や身体だけを指すのではなく、その人から滲み出たものも含めた状態を指します。

それら全体を「視て」判断している、ということがよくわかりますね。

はるぱん
はるきん
マッチングアプリを「顔なし」にするのは、相手に渡す判断材料空っぽにして渡しているようなものなんです。

 

あなたは「30歳になるまでに結婚する」とエンドが決まっているのと、マッチングアプリは利用料金がかかるという点で、短期決戦でいきたいはずです。

「いるべき場所にいて、すべきことをする」

これが短期決戦を制するカギとなります。

 

短期決戦を制する3ステップ

step
1
期日を決める

30歳になるまでに

step
2
いるべき場所にいる

本気で婚活している女性がいる場所に身を置く

step
3
すべきことをする

自分自身を開示する

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

step
1
期日を決める

あなたが「30歳になるまでに」結婚したい場合、必然的にゴールの期日が決まります。
社畜のあなたはそれでなくても時間が無いし、1ミリの無駄さえ惜しいでしょう。

時間を有効に使うためにも期日を明確にしましょう。
すべきことも具体的になります。

もし「漠然と結婚したい」と思っている場合は、いま期日を決めましょう。

 

step
2
いるべき場所にいる

「いつまでに」とゴールが決まれば、次にすることは「いるべき場所にいる」です。

マッチングアプリを使うなら、まず「いるべき場所」を決めることが肝要です。

真剣に結婚を考えている女性"いない場所"では、あなたの努力が徒労に終わることは目に見えていますよね?

あなたが出逢いたいと思う人
つまり「あなたと同じくらい真剣に結婚を考えている人」がいる場所に身を置くことが重要なのです。

 

「マッチングアプリは利用料金がかかるから短期決戦でいきたい」

これは女性も同じです。

 

女性は無料のマッチングアプリが多いですが、真剣に結婚を考えている一部の女性は有料のマッチングアプリを利用します。

婚活中の女性は本気です。
自らへの投資は「短期決戦で結婚相手を決める」コミットです。
最小限の投資で済むようその投資が無駄にならぬよう、「確実に相手を見つける」原動力でもあります。

 

メシモク、暇つぶし、ドタキャン、など自分のことしか考えないような女性とのマッチングを回避するためにも、女性が有料のマッチングアプリを選ぶことは重要です。

そして、あなたの「理想の相手」を具体的に想い描きましょう。

その相手がいるところ、それがあなたにとっての「いるべき場所にいる」ということです。

 

あなたの「理想の相手」を具体的に想い描きましょう

  • 性格
  • ルックス
  • ステイタス
  • どういう人なのか
  • どういう所にいる人なのか

 

 

以下の表にもある通り、恋活と婚活では相手に求めるものが異なるので、目的に合ったマッチングアプリを選ぶことは重要ですね。
はるぱん
はるきん
ガチ本気の人を探しているのに「該当する人が誰もいない」という悲劇だけは避けなければいけません。

目的ありきのマッチングアプリ(目標の期日までに結婚としっかり認識する必要があります。

 

相手に求める条件ランキング

 

おすすめの女性有料マッチングアプリは以下の記事が詳しいです。

 

マッチングアプリって安全?おすすめ出来る理由3選

こんにちは、はるきんです。毎日毎日働いてばかりで友達もいないし、休日は寝て過ごす。 そんな中で、 「出会いなんて見つかるわけないよ。」 そんな30代非モテ男子の声が、今日も聞こえてきますね。   はあ、「マッチングアプリ」かぁ。 周りに使っ ...

続きを見る

マッチングアプリで婚活中の男子へ!女性向け有料版が良い3つの理由

こんにちは、はるきんです。 マッチングアプリを利用して婚活中の非モテ男子のあなた、順調に出会えていますか。 こんな気持ちになっていませんか。 ・「マッチングはしているけど、メッセージが返ってこないなぁ。」 ・「いざ会おうと思ったらドタキャン ...

続きを見る

 

 

step
3
すべきことをする

ゴールの期日を決め「いるべき場所にいる」、その次は「すべきこと」をする、です。

未来の伴侶候補と出逢えたら、あなたがすべきことは全力で「自分が何者であるか」を示すことです。

あなたは自分の正体を明かさなくても「相手が自分のことを見初めてくれて、共に人生を歩いてくれる」
だなどという夢みたいなことを想っているわけではありませんよね?

現時点での、自分のカードをすべて見せて、相手のカードをすべて見て、お互い納得した時点で、次の一歩が踏み出せます。

結婚はお互いがあって初めて成り立つもの、結婚相手と出逢うためにすべきことはあなた自身の開示です。

 

 

非モテ男性の気持ちもわからなくはないけれど、女性は「覚悟ができる人か」ということも見てるので、厳し目評価になるのもやむを得ないところはありますね。
はるぱん
はるきん
本気度の高い女性からすると「何しに来たの?」と思うようですね。

オンラインだと「コロナ」の言い訳も通用しないから、本気度が試されますね。

 

なぜ、結婚目的なら「顔なし」より「顔あり」なのかについて、もう少し深めていきましょう。

 

マッチングアプリ「顔なし」が嫌われる5つの理由

相手に顔写真を見せない、これはどういうことを意味するのでしょうか。

 

「顔なし」にすることの意味

  • あなたのことを「知り・理解する機会」を奪っている
  • 「どんな人かわからない」ストレスフラストレーションを与えている
  • 不信不安不快感を抱かせ、関係構築のハードルを上げている

 

あなたは「自信がない」「非モテ」「コミュ障」の自覚から、深く考えることなく、マッチングアプリの顔写真は「無しの方向で」という消極的選択をしたのではないでしょうか。

しかし、あなたが「顔なし」にすることの意味は、上記で示した通りです。

ただ消極的なだけだったのに、自ら相手から嫌われるリスクを高めているとは、夢にも思わなかったのではないでしょうか。

自身の振る舞いが相手にどのような影響を与えているかがわかれば、自ずと視座が上がります

結婚に対して「すべきこと」への理解が深まると、必要なことだけに取り組むようになり、より具体的に動けるようになります

 

引き続き、以下の「顔なし」が嫌われる5つの理由」について見ていきましょう。

 

「顔なし」が嫌われる5つの理由

  1. 怖い・不快感
  2. フェアじゃない
  3. 効率が悪い
  4. 直接拒否する必要
  5. タイプ的に「苦手系」

 

①怖い・不快感

未知のものに人は恐怖します。

「顔なし」へのアタックが「中に何が入っているかわからない箱の中に手を突っ込むようなもの」だとしたら、
「顔なし」からのアタックは「箱の中のわけのわからないものが不意にぶわぁっと降りかかってくるようなもの」です。

「好意」も、正体が明かされなければ、あるいは関係構築ができていなければ、怖さ・不快感しかありません。

正体を明かすだけで、相手の「わからないものへの恐怖や不信、不安、不快感」は払拭されます。
いいね押されない以前の問題がクリアできるのです。

 

https://twitter.com/tanto_coll/status/1349099035005571072?s=20

 

逢ったこともない人なのに、「顔なし」のいいねとか不安すぎるし怖すぎます。
マッチングなんてとんでもないです。
女性体験者さん
はるきん
正体不明詐欺やヤリモク以前の問題ですね。

男性にとっても「顔なし」は怖さしかないですよ。

誠意や紳士な対応は信頼構築の第一歩と言えますね。

そうなんです。ちゃんと向き合える人かどうかは基本の"き"です。
女性体験者さん
はるぱん
本当にそうですね。

 

②フェアじゃない

逆の場合をイメージするとわかりやすいと思います。

相手のことがわからなければ、良いも悪いも判断のしようがないですよね。

自分をさらけ出さない人は、同じ土俵に上がる気のない不誠実な人とみなされます。
相手はそれだけ真剣に「自分自身に、結婚に、あなたに、向き合おうとしている」からですね。

フェアであること想像以上に敏感に感じ取られていると思った方がよさそうです。

 

マッチングアプリで「いいね」くれるのは嬉しいのですが、こちらは「顔出し」してるから「顔なし」さんとのマッチングは難しいかな。

贅沢なこと言ってるのかもしれませんが。

女性体験者さん
はるきん
「嬉しい」と「マッチングしたいか」は別次元の話ですね。
一方だけがよく知っている状態は「盗撮」「盗聴」のイメージ

非モテ、コミュ障、など事情はあるのでしょうけれど、結果的に「卑怯」「気持ち悪さ」といった印象として受け取られやすくなってしまうんですよね。

はるぱん

 

プロフィールでは「前向きに結婚を考えている」とあったのですが、マッチングした後は一向に写真交換をしてもらえず、途方に暮れたことがありました。

今は何ともありませんが、当時は「真剣な人に対して失礼極まりない」と感じていました。

きっと顔を隠していたら相手がどう思うか想像が及ばない人だったのだと思います。

女性体験者さん
はるぱん
そうですね。

自分と同じくらい真剣な人は自然と伝わってくるものですし、

「姿勢」や「熱量」が自分と近いとその相手に好感を抱きやすくなるのですけどね。

そういうことの理解にまだ至ってない方だったのかもしれませんね。

そうなんです。

「姿勢」や「熱量」は、口やプロフィール文で語る価値観を凌駕する

と心底わかったので、その人には感謝しています。

女性体験者さん
はるきん
行動が一番説得力を持ちますからね。
よかったですね。

 

③効率が悪い

たとえば、顔なしでマッチングできて、いい感じにやりとりが続くこともあるでしょう。

しかし、実際に逢ってみたら「好みじゃなかった」「想像とまったく違っていた」場合、それまでかけてきた時間もろもろが水泡に帰すのです。

 

想像してみてください。

相手の態度がいきなり一変するんですよ。

リスキー過ぎますよね。
なんともやりきれないですよね。

「あの時間は何だったんだ、あの楽しかったやりとりは何だったんだ」となるわけです、お互いに。

 

無駄なものはひとつもない、という考え方もありますが、エンドが決まっている社畜のあなたは、このようなロスは最小限に留めたいはずです。

効率がすべてではありませんが、「あらかじめ無駄となり得ることが予測できること」を徹底的に取り除いておくことは、あなたを最短でゴール(結婚)へと導きます。

 

あの頃、本当に忙しそうだったものね。
はるぱん
はるきん
そうだね。
1分1秒を最大価値にしていく努力、これは本当に大事です。

 

 

はるきん
本当に逢ってみないことには細かいところはわかりませんね。
人の心を勉強してから、というのも一理あるわ。
はるぱん

 

時間をかけてやりとりを重ねてきて、そのためにお互い時間も労力もかけてきたので、実際逢ってみて、お互い「嫌だな」「違った」「無駄だった」という展開になるのはつらいですね。
女性体験者さん
はるきん
どのくらいやりとりされたんですか?
相手の方は社畜だったので忙しく、逢ったのはマッチングから1ヶ月経ってからでした。

その間の時間と労力が無駄になったとは考えたくないですが、やはり「30歳までに結婚」と思っているので、時間は本当に貴重です。

女性体験者さん
はるきん
そうですね。
「30歳までに結婚」という明確な目標があるならなおさら「時間」の価値の重みを感じますよね。

 

④直接拒否する必要

マッチングして仲良くなったら、そう遠くない未来に直接逢うことになります。

顔なしでマッチングし「顔出し」を先延ばしにしているうちに「相手が描くあなたのイメージ」は勝手に美化されていきます。

こうして大きなギャップは創られます。

思い切りハードルが上がったタイミングで逢い「直接拒否され」「気まずい想いをする」のはあなたなのです。

ならば、「顔出し」をして「こちらのあずかり知らぬところで拒否される」(←いいねがつかない、マッチングしない現象のことです)方がよっぽどマシです。
不要な傷つきを未然に防げる上に、気まずい思いをせずに済むからです。

 

「顔出し」をする方がむしろ傷つかずに済むのは意外に感じられるかもしれませんね。

 

だいたい、勝手にイメージを膨らませたのを棚に上げて、勝手にがっかりして「気まずさ」や罪悪感をなすりつけてくるとか「理不尽以外の何物でもない」という考え方もできます^^

ですが、こちらも「顔なし」だったので「お互い様」ですね、ということで、「誰のせいにもしない」という第三の選択肢を選ぶと、あなたはひとつレベルアップできます。

今この記事を読んでくださっているあなたは、「自分」や「相手」のせいにすることなく、レベルアップを選びましょう。

 

そんな余裕が「モテ要素」だったりしますからね。

 

さて、このことに気づくと「顔出し」して「嫌うなら勝手にどうぞ」くらい振り切れた状態になれる上に、傍から見た印象も変わります。

「外見はすなわち内面」です。

逃げることで自分が傷つく結果になること」が身に沁みてわかると、
受け容れることで自分にとっての安全最適を選べる」ようになります。

 

はるきん
「古いパラダイムからの転換」という意味でも「好手」と言えます。
「誰のせいにもしない」ということは大局で物事を見れるということ。

「モテ要素」というのもわかるわ。

はるぱん

 

 

はるきん
人は注意を向けられたことに「意識を向ける」のです。

だから、たとえば「顔を気にしている人」であれば「顔を見てしまう」んですよ。

じゃあ、それを逆手にとって、本当に見てほしいところに意識を向ければいいのね。
はるぱん
はるきん
顔出しして「めちゃくちゃ満面な笑顔」とかね。

もし茶化されたとしても、断然道は拓けるので、ブレイクスルーしたいときは「何に注意を向けるか」を変えるといいですよ。

 

「顔出し」をすると、僕の見た目が気に入らない人は初めから来ないので、非常に気が楽です。
男性体験者さん
はるきん
「顔なし」で嫌な思いをした上で、このような境地に至ったのですか?
ただのめんどくさがりなのかもしれません^^

出逢える人とは出逢える、ご縁の無い人とは出逢えない、それだけなので。

フツメン以下ですが、逢ったときに「プロフィールと実際が変わらないのがよかった」と言われたことがあります。

大きなギャップで女の子にダメージを与えることが少ないのはいいことかなと思っています。

男性体験者さん
はるきん
仰る通りですね。

 

⑤タイプ的に「苦手系」

「生理的に受け付けない」には、大きく「顔の造作の良し悪し」と、タイプ的に「苦手系」に分かれます。

 

 

見た目は良くても「内側から滲み出たもの」に相手が苦手意識を感じている場合相手の評価基準は造作云々を超えています。

つまり、非モテで自分の容姿に自信がないと感じているあなたに逆転劇が起こります。

 

こういうことです。

 

非モテでも中身を磨けば、タイプ的に「苦手系」には勝てる

見た目「NG」×中身「OK」(あなた) > 見た目「OK」×中身「NG」(タイプ的に「苦手系」)

 

たとえば、安心できる人は「気の優しさ」や「穏やかさ」といった調和の雰囲気を醸し出しています。

逆に、「自分を愛することが苦手な人」は以下のような「避けたくなる雰囲気」を醸し出しているケースがみられます。

「感情の抑圧や停滞の影響が、いつこちらに降りかかってくるかわからない」怖れが避けさせるからですね。

 

避けたくなる雰囲気の例

  • 怒りを溜め込んでそう
  • 言いたいことが言えなそう
  • 威圧的
  • 優越感(劣等感の裏返し)
  • かまってちゃん、卑屈

 

相手が「無理」と判断した場合、嫌悪の感情があらわれ、避ける行動を取るのです。
結婚してうまくやっていけそうかと考えたときに「持て余す」ような人とでは結婚生活は成り立たないため、自然な反応と言えるでしょう。

見た目の印象を整えることは大事ですが、外に滲み出てしまう自分の内面を整えることはより重要です。

 

イケメンの方とマッチングできたことがあるのですが、逢ってみたら承認欲求が強いタイプで無理でした。

全部かまってあげなければ関係性を保てないような人は正直厳しいですね。

毎回認めてあげないとキレてしまうような人では安心して一緒にいることなどできません。

イケメンに惑わされてはいけませんね(笑)

女性体験者さん
はるぱん
自分の身が危なくなる可能性は避けて正解です。

 

以前仲良くなった女性から「ヘビ」っぽい印象の人が苦手と聞いたことがあります。
男性体験者さん
はるきん
そうなのですね。

ちなみにあなたはどんな印象を持たれていたんですか?

「犬」ですね、わんこ呼ばわりされてました(汗)

その子から「なつっこい感じに親近感が湧く」と言われて、イケメンばかりが好感度の理由ではないんだと気づくことができました。

その子のお蔭で自己肯定感が上がったと思っています。

男性体験者さん
はるきん
イケメン呪縛が解けたのですね、おめでとうございます。

 

マッチングアプリ「顔なし」卒業!撮影してもらって「顔あり」デビューしよう

「30歳になるまでに」と結婚のエンドが決まっているあなたは、時間のロスは最小限にとどめたいはずです。
そのためにできることのひとつにプロフィール写真を撮ってもらう方法があります。

 

 

「魅力は伝えなければ伝わりようがない」ので、その一歩を踏み出せるのであれば、他者の手はぜひ借りるといいですね。
はるぱん
はるきん
自分にしかできないことに一点集中するためにも有効ですよ。

 

人から撮ってもらう3つのメリット

マッチングアプリで顔写真を載せないリスクは「顔なしが嫌われる5つの理由」でお伝えした通りです。

短期決戦に臨むあなたは「質を高めること」時間と労力の無駄が抑えられることを知っているはずです。
マッチングアプリに載せる顔写真にも同じことが言えます。
写真自体の質を上げることで、マッチングまでの大幅な時間短縮が見込めるからです。

 

また、自撮り写真は表情が不自然になりやすい上に、女性からも不評です

女性はカッコつけたあなたではなく、「あなたがどんな人なのかを知りたい」と思っています。

 

以下は、「人から撮ってもらう3つのメリット」です。

 

人から撮ってもらう3つのメリット

  • コミュニケーションしながら撮影するため、自然な表情が引き出されやすい。自分では気づいていない魅力に気づかせてもらえる。
  • 客観的に自分を見ることができ(しかもそれは好印象であるため)、いい感じに撮ってもらった写真を見てあなたが一番「あがる」
  • マッチングアプリで「顔写真」を出すハードルが下がる。

 

写真を撮ってもらった結果、自分のことが好きになれて、「顔写真」も載せれるようになるということね。
はるぱん
はるきん
コミュ障でも意外と何とかなってしまうので、ちょっと自信がついたりするのもポイントですね。

 

以前、SNSのプロフィール写真を撮っていたことがあります。

そのまま撮影に入ることもあれば、「ちょっと落ち着きたい」とのご要望で喫茶店で過ごしてから撮り始めることもありました。

「撮られようとする」から「撮られることを楽しむ」に意識が変わると、写真も変わってきます。

自分になろうとするのではなく、元々の自分でいればいい、写真も生き方も同じなんですよね。

女性体験者さん
はるぱん
確かにそんな写真みたら上がりますよね。

 

 

ご結婚おめでとうございます。

やっぱりプロに撮ってもらうと結果が出やすいんですね。

はるぱん
はるきん
マッチングアプリのプロフィール写真は結婚への大きな足がかりになるところだから、端折ってはいけない投資ポイントだね。

 

 

はるぱん
こちらもマッチングアプリで出逢ってご結婚(Twitterプロフィールより)。

猫からのプロ写真、そして念願のゴール、おめでとうございます。

「強制」もときには必要ですね。

プロに頼むなんて考えもしませんでした。

「自撮りは不評」は知っていましたが、コミュ障で友達がいないので困ったなと思っていたところだったので朗報です。

ちなみに僕も猫にしてました(汗)

男性体験者さん
はるきん
プロの撮影は本当に「いい感じ」になりますよ。

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

人から撮ってもらう3つのデメリット

写真撮影をしてもらう際のデメリットもチェックしておきましょう。

あなたのニーズに合ったカメラマンを見つける際に参考になります。

 

人から撮ってもらう3つのデメリット

  • ニーズと合わない写真が上がってくることがある
  • 必ずしもプロカメラマンとは限らない、金額もピンキリ
  • 相性が合うとは限らない

 

ニーズと合わない写真が上がってくることがある

ニーズと合わない写真は、たとえばバリッバリのキメッキメな感じですね。

モデルや俳優のように魅せることは今回のあなたの目的ではありません。
お見合い写真のような写真を求めているわけでもありませんね。

「未来の伴侶になる相手に対してナチュラルな自分を見てもらう」目的を必ず念頭に置き、その旨カメラマンに伝えることが重要です。(伝えるセリフは後述します)

 

 

はるきん
宣材写真みたいになってしまうのは、カメラマンが「写真を撮ることが仕事」と思っているか、「お客様のニーズに応えることが仕事」と思っているか、の意識の違いです。

依頼の際には「要望に寄り添ってくれる」カメラマンを基準にするといいですね。

事前にその写真を使って「何がほしいのか」をカメラマンに伝えておくと、このような「行き違い」が無くなるわね。
はるぱん
はるきん
「何がほしいのか」=「結婚相手」

なので、結婚相手と出逢うための「その相手に好印象を持ってもらえるような自然体の写真」を撮ってほしい、と伝えるといいですね。

 

カメラマンに依頼するときのセリフ

  • マッチングアプリに載せるプロフィール写真を撮ってほしい
  • 結婚相手と出逢うために「その相手に好印象を持ってもらえるような自然体の姿」を撮ってほしい
  • 「顔写真」だけでなく「横顔」や「全身」「遠景」など、さまざまな姿を撮ってほしい(後述します)

 

必ずしもプロカメラマンとは限らない、金額もピンキリ

写真学校など出ていなくともセンスのある子は独学で学び、写真撮影の仕事を受け「プロ」を名乗っています(お金取れるならプロと言えるのですが)。
駆け出しの初心者価格を謳っているタイミングにご縁できると、「超お得」な想いができることもあります。

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

マッチングアプリ用の写真がなかったので、タイムチケットを使って撮ってもらいました。

「厳選●枚」ではなく、撮ったデータ全部戴けて(300枚以上ありました)、2500円でした。

コスパ最強ですよね(笑)

プロのカメラマンの方ではないですが、それくらいの方が「自然な感じ」がして自分的にはよかったです。

それを見ているだけで自己肯定感も上がりましたね。
しばらくの間、写真を眺めるのにハマってました。

自分の嫌いなところはいっぱいあるんですが、心の奥の方ではやっぱり自分のこと好きなんだな、と思いましたね。

眺めまくった結果「撮られ方を研究する」ようにもなりました。

理想の彼女と出逢うためにも、また今度撮ってもらう予定です。

男性体験者さん
はるきん
自分を客観的に見れる機会は思いがけない発見や喜びをもたらしてくれますよね。
写真とは、被写体に意識を向け「その瞬間」を切り取ったもの。

「あなたに意識を向けていますよ」ということそのものが写真の実体です。

「自分は受け容れられている存在なんだ」と実感できるツールです。

実感できると自ずと行動も変わります。

はるぱん

 

真剣にマッチングアプリに取り組むために、最初からしっかり投資する方もおられます。
お金をかけたからといって即マッチングや結婚を保証するものではないですが、実績があるカメラマンは納得の価格設定になっています。

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

 

https://twitter.com/3110_u_/status/1335568322109136904?s=20

 

ガチで挑戦、いいですね。
はるぱん
はるきん
婚活は甘くないので「すべきことは何でもする」気概と行動力が大切ですね。

 

相性が合うとは限らない

FacebookやTwitterなどのSNSに特化したカメラマンや、マッチングアプリに特化したカメラマン、などさまざまですが、大事なことはあなたの意図や想いに寄り添ってくれるカメラマンかどうかということです。
事前に相談する段階でしっくりこなければ、遠慮なく(←ここ重要)新しいカメラマンを探しましょう。

カメラマンを見て「感じた」印象、作風の好み、信念などは選ぶ目安になります。
相性の悪いカメラマンを前に「自然体」になれるはずもないので、以下を参考に選ぶといいですね。

 

カメラマンを選ぶ3つのポイント

  • 印象がいい
  • 親身に相談に乗ってもらえる
  • ゆとりのある撮影時間を設定している

 

 

背中を押してくれるカメラマンだと安心して頼めますね。
はるぱん
はるきん
心を許せると自然といい笑顔になれますね。

 

最後の一歩が踏み出せません

「いるべき場所にいること」も、「すべきこと」もわかった。

わかったけど、「顔写真を載せる」この最後の一歩がどうしても踏み出せずにいます。

 

この気持ちよくわかります。

実際、載せてしまえばどうってことないのですが、載せる前はナーバスになってしまうものですよね。

そんなあなたは、カメラマンに「顔写真」だけでなく「横顔」や「全身」「遠景」など、さまざまな姿を撮ってもらうよう、お願いするとよいでしょう。

理由は3つあるのですが、まずは「顔なし」さんの苦肉の策とも言える、顔写真の代わりに載せた際に「女性が好感を感じる写真の特徴」を見てみましょう。

 

顔写真の代わりに載せた際に「女性が好感を感じる写真の特徴」

  • 清潔感
  • 横顔、後ろ姿、全身写真、引きの写真(遠景)
  • スーツ姿
  • スポーツしている姿
  • 楽しそうな雰囲気の写真

 

あなたは「顔あり」で写真を撮ってもらうので、スーツやスポーツウェアは特に意識する必要はありません。
コミュ障のあなたは「楽しそうな雰囲気」もハードルが高く感じると思うので、これも無視してかまいません。
清潔感だけ死守しておけば大丈夫です。

 

清潔感を死守する方法

  1. 清潔感のある服を準備する(こちらの記事が参考になります
  2. 前日はよく寝る
  3. ヒゲを丁寧に剃る
  4. 眉毛を整える
  5. (撮影に間に合えば)美容室でスタイリングしてもらう

 

カメラマンに「顔写真」だけでなく「横顔」や「全身」「遠景」など、さまざまな姿を撮ってもらうようお願いする理由は、以下の3つです。

 

さまざまな姿を撮ってもらう3つの理由

  • ちょっとだけ"逃げ道"をつくれる
  • 「顔なし」でも好感を持ってもらいやすい
  • より客観的に自分を知ることができる

 

ちょっとだけ"逃げ道"をつくれる

マッチングアプリで顔写真は必須です。

ですが、「超短期間(初日だけ、最初の3日間だけ、など)」と決めて、「横顔」などでワンクッション置いてから、「顔写真」に変更します。

こんな風に自分に"逃げ道"をつくってあげると、気持ちに余裕が生まれます。
余裕が生まれると、できなかったことが案外するっとできたりします。

最短でゴールを手にする道のりは、「大きな一歩」のときもあれば「半歩」のときだってあるのです。
この"逃げ道"は、その「半歩」なんだなと思ったらいいです。

大丈夫ですよ。

最後の一歩が踏み出せないそこのあなた、ぜひお試しくださいね。

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

人は「許し」があると、それまで困難と思えていたハードルを、いとも簡単に乗り越えてしまったりするものなんです。
はるぱん
はるきん
「時間は命そのもの」です。
あくまでも「超短期間」とすることがコツです。

 

「顔なし」でも好感を持ってもらいやすい

「超短期間」であれ、一時も気を緩めている場合ではありません。
すべては女性に好意的な印象を与えることから始まります。

あなたは「理想の女性」と結婚しますが、やはり出逢いの最初はその女性に「気づいてもらうこと」なのです。

いきなり「顔写真」は無理だけどアプローチは忘れてないぞ

そんな気持ちでこの「超短期間」を乗り越えるのです。

 

印象の悪い写真はスルーされてしまうから、女性が好む写真を使うのは鉄則ですね。
はるぱん
はるきん
出逢う前からのアプローチは本当に大事です。

どうすれば「自分の想い描く女性」と出逢えるかを考え実行しまだ何かできないか探し続け、といった具合に、とにかくアプローチし続けることです。

それがすべてですね。

より客観的に自分を知ることができる

いい感じに撮ってもらった写真を見て、あなたの気分は「あがる」でしょう。
さまざまな視点から撮ってもらった自分を客観的に見ることで、あなたはより一層そのことを体感するはずです。

また、以下のことがわかるのも良い点です。

人との関係を築く(結婚)前に、自分を知り自分との関係性関わり方を知っておくことは、人(結婚相手)との関係を育む助けになるからです。

 

「自分」にもいろいろな自分がいる

  1. 好きと感じる自分
  2. こうすればいいと感じる自分(改善後が見えてる)
  3. 嫌だなと感じる自分

 

「外面はすなわち内面」であるのと同じく「相手は自分」です。

たとえば②は①に変わりやすいです。
「まだ好きにはなり切れていない」けれど、そのビジョンは見えてる上に、関わり方もわかっているからですね。

③も②に変わりやすいとき、「嫌だなと感じる自分」を受け容れているため、自分との関係性は良いのです。

こういったところから「①好きと感じる自分」を増やしていくことができます。
自分を客観的を知る機会には、こんな副産物があるのです。

自分自身のことを漠然ととらえ「自分のことがあまり好きではない」と感じているなら、自分自身を要素として分解してみることをおすすめします。
ここに挙げたことは、その一例です。

「嫌われる怖れ」というのは、自分が自分のことを嫌っていることをあらわしています。
また「相手の嫌いなところ」はたいてい「自分の嫌いなところ」です。
自分を客観的に知る機会がある、ということは、自分を好きになる絶好のチャンスなのです。
理想の相手と末永く仲良しでいるためにも、この機会を活かすといいですね。

 

まずは写真撮影を楽しんできてください。

最後の一歩が踏み出せないと思っていたことは「杞憂だったな」と感じるはずです。

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

写真は自分のことを「一目瞭然」で教えてくれるもの。

自分の受け容れられないところを受け容れたとき、嫌悪から改善へ意識が変わるわ。

「自分への寛容さ」と「人への寛容さ」は同じもの。

「自分を知る」ほどに人に優しくなれるのよ。

はるぱん
はるきん
社畜は時間がないけれど、何度か撮ってもらって自分をブラッシュアップしていくのもおすすめです。

女性と違って男性は「自分の魅せ方」に慣れていないので、撮られ慣れるだけでも印象は変わりますよ。

あと、女性は「清潔感」を重要視します。
しっかり対策しましょう。

 

あなたの未来の伴侶となる方に向けたプロフィール作成に、以下の記事が参考になります。
プロに撮ってもらった写真を存分に活かし、写真がより活きるプロフィール文を作るお手伝いをします。

 

マッチングアプリで社畜非モテ男子が簡単に彼女を作る3つのテク

こんにちは、はるきんです。 社畜非モテアラサー男子のあなた、恋活は順調ですか。 マッチングアプリを使ってやり取りをしていても、仕事が忙しくてメッセージを返せずフェードアウトしていませんか。 ・「こんなに忙しいんだから彼女なんてできないよ。」 ...

続きを見る

マッチングアプリで非モテ男子が女性の真剣度を見極める方法とは?

こんにちは、はるきんです。 マッチングアプリで婚活中の非モテアラサー男子のあなた、 「マッチングアプリに登録したけどなかなか真剣な交際にまでたどりつかない・・・」 と毎日スマートフォンの画面を見ながら、そんなことをぼやいてはいませんか? マ ...

続きを見る

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「もしあなたが本気で結婚を目的にマッチングアプリをするなら顔写真は必要」ということをお伝えしてきました。

「顔なし」がいかにマッチングのリスクを高め好感度を下げ効率を悪くしているか、がよくわかったのではないかと思います。

プロフィール写真をプロに撮ってもらうことで、マッチングアプリに「顔写真」を出すハードルはぐんと下がります。

 

社畜男子のあなたは時間を有効活用し

  • 「いるべき場所にいて」
  • 「すべきことをして」
  • 「頼れるところは頼って」


マッチングアプリに「顔写真」を出し、あなたの理想の女性と出逢い「30歳までに結婚」の夢を叶えます。

 

あなたのことを心から応援しています。

 

かつての僕もあなたと同じく非モテ社畜コミュ障男子で、結婚までとても焦っていたひとりです。
ですが、僕はマッチングアプリではるぱんと出逢い、結婚することができました。

今では3人の子供に恵まれている僕ですが、ここに至るまで笑えないできごとがいくつもありました。

まさに紆余曲折だった僕の体験談、あなたの婚活がうまくいくよう、ぜひ反面教師に読んでみてくださいね。

元社畜で非モテがマッチングアプリで運命の彼女とめぐり逢った実話

僕は土屋はるきと言います。 だから、はるきんと名乗っています。 僕は数年前にマッチングサイトで理想の彼女ができて、今はその子が奥さんになり、子供も3人できて、幸せな毎日を過ごしています。 今回はマッチングアプリのお話をしたいと思います。 こ ...

続きを見る

いいねがもらえる写真を撮影【マッチングフォト】

-マッチングアプリ

© 2022 アラサーで結婚を焦っているあなたが3ヶ月以内に結婚できるブログ Powered by AFFINGER5