はるきんの体験談

元社畜で非モテがマッチングアプリで運命の彼女とめぐり逢った実話

僕は土屋はるきと言います。
だから、はるきんと名乗っています。

僕は数年前にマッチングサイトで理想の彼女ができて、今はその子が奥さんになり、子供も3人できて、幸せな毎日を過ごしています。

今回はマッチングアプリのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

これだけ聞くと、

 

業者か?

男のサクラかよ?

どうせねずみ講だろ?

 

と思われる可能性がほとんどですよね。

僕も実際にマッチングサイトの世界に入るまでは、

出会い系の怪しい世界
サクラだらけで出会えないだろう
サギとかでダマされるかも
ワイドショーでみるコワイ世界

と思っていました。

なぜそう思うか?

それは知らない世界だからですね。

つまり、

自分の考えられる範囲の

常識の

想定の

思考の

今までの人生の

範囲外だからです。

 

ネットで出会うとか、顔も見えないし声も聞こえないし、わけわからないですよね。
人は知らないことは否定するし、コワがるものなんです

男性なら、

女性の長話とか、オチのない話とか、解決策はいらないとか、

理解できる人は少ないと思います。

女性なら、

男性の友達最優先とか、フィギュア集めとか、キャバクラに行きたがるとか、

理解できる人は稀だと思います。

 

(間違ってたらすみません。)

 

そんな僕も通った道を、今あなたも通っている最中だと思います。

ですので、

僕がどうやってネットで出会うことを

信じてない状態から、

実際に信じて動き、

理想の彼女と出会い、

結婚して、子供が3人できたのか

(こどもの話は別にいいか)

その過程を「物語」にしてみました。

 

物語を始める前に、少し自己紹介を。

マッチングサイトをやり始める前の僕は、仕事は新卒で入った会社が超ブラック企業で、
毎日午前様な生活で、

 

モテない

時間ない

出会いない

 

の3ない男でした。

学歴は三流大学、見た目は普通でオシャレでもない、体型は痩せ形で、むしろガリガリか。

髪はテンパで、ワックスつけてもきまらない。

すごいスキルもないし、
女っけありそうな趣味もない
話し下手で、女友達もほとんどいない

さらに会社の配属で名古屋に飛ばされたから、周りに知り合いもいない
時間がないから、社会人サークルとか習い事とか行ってるヒマもない
職場は男だらけの仕事で出会いは皆無

週末は、平日の睡眠不足で起きたら昼回ってるとかザラです。

夕方近くに起きると、もうなんもする気起きないですよ。

 

「うわー

 せっかくの休みもまたムダに過ごしたぁ

 無意味な週末がまた終わっていくぅ」

 

とサザエさん症候群を地でいってましたね。

まだ20代前半のときは、

「まだ若いからいいかぁ」

とテキトーに過ごしてましたが、25歳を過ぎた頃から、

 

同級生やたら結婚する

親から結婚のプレッシャーがハンパない

 

こんな状況になってきて、

気持ちばかり焦るがどうしようもない。

「どっかに運命の出会いは落ちてないのか?!」

恋もしばらくしてないから、
マンガとかドラマで擬似体験して、
現実では出会いはないが、

理想な彼女と結婚したい願望だけはある

 

そんな自分のルックスとかステータスとか、具体的に行動しないことは

棚に上げまくったイタイ男でした。

 

今は結婚して、3人の子供がいる30代半ばのお父さんしてます。

仕事は転職してぷちブラック企業で働くかたわらで、
子供3人の学費を稼ぐのは今のままでは無理ゲーと気づき、
時間的、経済的に自立しようと、
ネット起業して悠々自適な人生を歩む途中です。

仕事の話はまた別の機会に。

そんなところで今日は、
かつての僕がこんなどうしようもない状況から、どうやって理想の彼女ができたのかを
お話ししたいと思います。

 

けっこう読みやすくなるよう笑えるポイントも織りまぜたので、
最後までスラスラ読めると思います!

 

少しだけ自信ありますが何せもともとイタイ男ですので、
つまらなかったらすみません!

気軽に読んでもらえたら嬉しいです。
それでは始まりはじまり♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

3ナイ非モテ男子の逆転物語〜干物生活の一人暮らし〜

今でこそ理想に思い描いていた通りの奥さんと子供3人に囲まれて、
毎日騒がしいけど1人では味わえなかった楽しい生活をしていますが、

数年前までは、

・会社と家の往復だけの毎日

・平日は毎日午前様

・週末に目的もなく無意味な休み

・寝るだけで1日が終わる

・一人暮らしも飽きた

・しみといったら金曜の夜に借りたDVD

こんなくさった毎日でした。

彼女がいたのも、もういつの事やら。でもリア充を演じる

彼女がいたのも大学のときで、もう何年も彼女はいない
見知らぬ土地の名古屋でブラブラ買い物してみても、それもすぐ飽きる。

せっかくの週末だから、何か意味をもたせようと隠れ家的なレストランを探してみる。
Facebookにあげて、さぞ有意義な休みを送っているとよそおうも、むなしい。

日曜日の夜はテンションだだ下がり

また明日から寝れない日々がはじまるのかと本当にイヤになりながら、
借りてきたDVDの明るい世界で現実逃避をしてみるが、なんの解決にもならない。

これで彼女でもいたら、

週末はデートして夜にちょっと飲んで、
テンション高く休みが過ごせるのかなぁとか妄想してみるも、またむなしくなる。

 

非モテ干物男子が繰り返す平日

朝6時に起床して、ムリやりシャワーで目を覚ます。
ネクタイしめて、自転車で会社にダッシュ。
会社にいるのはタバコくさいおじさんばかり。

ときめく受付嬢さんなんていない。
会社にくるかわいぃ女子社員もいない。
昼間は車でお客さんの外回りで、

楽しみはランチとラジオだけ。

会社のケータイが鳴りまくり、トラブルやら商談やら、訳のわからない話ばかり。

夜に営業所に帰ってきて、メール返して見積り作って注文して、
気づいたらジェットストリームの時間過ぎてんじゃん!

 

あ、最近ジェットストリームの機長が福山雅治になったよね!
テンション上がったわ!

ってどうでもいいか。

やっと今日の仕事を終えて自転車にまたがり、真っ暗な中、暗いアパートに帰る。
汗だくでクタクタでご飯食べる気にもならない。

お風呂入って、寝たいけど遊びたい!
っと少しネットサーフィンして寝落ち。

そしてまた朝がくる。。

 

こんな生活してたら一生結婚なんてできない。でもどうすればらいいかわからない

生きるために稼がないといけない

だから会社にいく。
だけど会社にいくために生きてるわけじゃない。

しあわせになりたい。

出会いがほしい。

彼女ほしい。

毎日に色が溢れるようなトキメキがほしい。

 

今のままじゃダメだ...!!

でも時間がない
会社に女の子いない
取引先にもいない
出会いない
寝る時間もないくらい忙しい
モテない
話すの苦手

そんなループを繰り返していた。

何か変えようとすると、希望をみる自分と、

 

「でもな、、」

 

っと反論してくる自分が出てくる。

この反論する自分が強い強い!

常識的なこと言って、言いくるめてくるんだよ!
楽な方に、現状維持な方に向けてくる!
このループの繰り返しで何年経ったんだ?!

このとき僕はもう26歳だった。

なんとか、出会う方法はないのか?

コミュ障でも出会えないか?

時間ないから効率よく楽に出会えるとこないか?

と探してるときに、ネットで怪しいマッチングサイトを見つけた。

 

とりあえずサイトをみてみた

マッチングサイトの中は、

・月額課金する会員サイト
真面目な出会い
・理想の恋人をゲット

的な感じだった。
最初の印象は、出会い系サイトと何が違うのかもよくわからなかった。

ニュースでよく見る、

 

援交とかヤリモクのやつらの巣窟だろ?

 

と思ってみていた。
でも、自分のイメージする出会い系サイトは、

 

無料で誰でも投稿できて
年齢確認とか本人確認もない

 

と思っていたので、月額課金というのが気になった。
具体的な値段を見てみると、月に数千円固定でかかることがわかった。

出会いがほしくてワラにもすがりたい僕としては、

前払いで月額課金なら

もしかしたら
もしかしたら
本当に

本物の女の子もいるかも。。
今の干物生活を脱出できるかも?
無意味な週末とオサラバできるかも?

そりゃサクラはいるかもしれないけど、それでも一人くらいはいるんじゃね?!

だって前払いで課金するんだよ?
これ出会えるんじゃね?
いや、そんな訳ないだろ!
ニュースになりたいのか?!
ツツモタセなんかきて、金むしりとられるぞ!

絶対うそだ
ネットで出会えるなんて怪しすぎる
僕はだまされない

常識だけはあるはず
スキルなんてないけど
モテないけど

だまされないぞ!

 

でも、もし本当に出会えるなら、、
この無限ループの無意味人生から抜け出せるかも、、

ダメもとで

やってみようかな

だまされても数千円ならいいか。

 

と淡い期待が出始めた。
こんな葛藤を自分の中でしばらく繰り広げ、やっと結論が出た。

とりあえずやってみるか

出会えなければ、それはそれで元の生活のままなだけ。
リスクはないはず。

サギっぽかったら、すぐ辞めればいいし。
そしてマッチングサイトに登録して中をのぞいてみると、、

 

何これ

写真付きの子も沢山いる
めっちゃ普通そうな子も登録されてる!

明らかにかわいい写真の子はサクラっぽいなぁ、、

地域も近くの子で探せるし
相性とかもでるし
プロフィール読めるし

 

これめっちゃ楽しいじゃん!!

 

っと、これは絶対だまされるタイプまっしぐらなのでは。。
と疑いながらも、トキメいて眺めてました。

まずはメールが送れるシステムみたいだけど、
どうすればいいんだ?!

てかまずは自分のプロフィールを作るところからか。

お前は誰だよ状態だよね、ふふふ

 

などとキモい笑いを浮かべながら
マッチングサイトの世界に入っていきました。

はるきん、はじめてのマッチングサイトで洗礼をうける

まずは手探りでメールを送ってみると、やはり返信はなかなかこない。
女の子に対して、男の数が多すぎて、メールも大量に来てるんじゃないか?

と思いました。

「それなら数打つしかないのかなぁ」
と思いながら、最初は好みの写真の子にメールを送る。


返信こない。

また別の子を探して送ってみる。

返信こない。。

 

まぁそりゃそうだよね
そんな甘くないよね
と自分を慰めながら、また別の子にメールしてみる。

 

返信こない。。。!

 

マッチングできないじゃん!!!

 

と諦めそうになりながらも、メールを送り続けました。

すると、

ピロリン♪

メールが1通届いています。

との表示が!!!!

 

うおーーーーーーー
ほんとにメールきたぁぁぁぁ

 

と喜びいさんでメールを開いてみると、自分が送ったメールへの返信でした!

 

いや、
ほんとに出会えるんだ。
嬉しすぎる。。
と感動して、すぐに返信を打ちました。

テンション上がったまま数通のメールをやりとりすると、
こんなメッセージが。。

——————————————————

仲良くなってきて嬉しいけど、わたし今日でこのサイト解約するんだ。

でも、あなたともっと話したいから、このサイトに登録して話さない?

——————————————————

だって。

下の方見るとURLが載ってる。。

これ絶対サギか業者じゃん!!!
やっぱマッチングサイトなんてサギだらけかよ!!!

てか業者しかいねーんじゃね?
マジ金の無駄だった。。

相当時間も使ったのに!!
なんだよ!

サイトの案内では、あんな幸せそうなカップルの写真使ってるくせに!
サギの常套手段ってワケかよ!!!

詐欺師とのマッチングサイトってことか!!

絶対出会えるとか
理想の彼女ができますとか
やっぱそんなうまい話があるワケないよな!!

 

騙されたぁぁぁぁ!!!!!

 

舞い上がって損した!!
僕のトキメキと時間返せ!!

そういえばメールの内容も
僕の質問にあまり応えてこないし
なんか変だなぁとは思ってたよ、たしかに。

でも、はじめてで舞い上がるじゃん。

はぁ。。
こぉれがお前らのぉ、
やりかたかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうは言っても月額分払ったし、悔しいからその月だけでもと思いメール乱れ打ち

詐欺師の集まりと思いつつも
一人くらいはリアルな女の子がいるんじゃないかと
一抹の希望を胸に、月額費の元はとってやろうと仕切り直し。

今まで何回かメールしてきて思ったのが、
どうせ送るなら一球入魂もいいけど、
とにかく返信がこないことには始まらないから、
数打たないと当たるものも当たらない。

選り好みしてないで、とりあえずメールしまくりました。

一通一通、工夫して試行錯誤しながら送りました。

返信したくなるような文章ってなんだ?

テンション高めで送ってみるか?

逆に超真面目キャラの方がいいか?

絵文字多めの方がいいのか?

相手のプロフィールに突っ込みまくるのはどうだ?

てか自分のプロフィールが薄すぎるのか?

と模索しながら、1日10通は送っていました。

でも、やはり返信がくるのは業者かサクラみたいな人で、
何回かメールのやりとりすると、
例の別サイトに誘導するメールがくるので、その時点で無視しました。

リアルな子はどこにいるのかなぁと考える中で、

写真なしの子の方がリアルなのでは?

と思い、今までは避けてたけど、写真なしの子にもメールしてみました。

すると、写真なしの子から、

例のピロリン♪ですよ!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして、リカです⭐︎
メールありがとうございます(*^▽^*)

雑貨屋さん巡り好きなんですね!
私もカワイィ雑貨屋さん見かけるとついつい入っちゃうんですよね♪

気が合いそうな方からメール貰えて嬉しいです╰(*´︶`*)╯♡
ぜひメールしましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おぉ!
僕のした雑貨屋さんの話とかちゃんと質問に答えてる。。

今までの業者はこちらのメール内容はガン無視だったし。
これは、業者じゃない、、、!?

そう思いながらも、これまで業者だらけだった経験から疑いながらもメールしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事もらえて嬉しいです!
ぜひ、よろしくお願いします!

リカさんはどんな雑貨屋さんが好きなんですか?

僕が最近行って好きだったのは、
リアルスタイルという雑貨屋さんが好きでした。

ステーショナリーも沢山置いてあるし、
アンティークっぽくてオシャレなんですが、
値段はそこまで高くないのでテンション上がりました♪

またお返事もらえたら嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕がメールして間もなく、

ピロリン♪

え?
早くね?

今までは大体次の日とか、何時間もたってからメールがくる感じだった。
やっぱリアル、、なのか??

開いてみる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私もお返事もらえて嬉しいです(*^ω^*)

私が好きな雑貨屋さんは、
大須とかにある割とごちゃごちゃした感じの雑貨屋さん好きです⭐︎

リアルスタイルってどこにあるんですかぁ?
はじめて聞きました(*゚∀゚*)
めっちゃ気になりますぅ(๑>◡<๑)

私もステーショナリー集めるの大好きなんですよね♪
アンティークでオシャレな感じっていいですね。

きっとはるきさんもオシャレな人なんでしょうね(*^_^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あれ
この返信内容
全然機械的な感じがない。。

しかもレスの早さが尋常じゃない。
会話がちゃんと成り立ってる。。

これはまさかの、、
リアルな子が本当にいた、、!?

と思いながら次の返信を打ちました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

めっちゃ早い返信ありがとうございます!
すごい嬉しいです。

正直なところ、まともにお話ができたのはリカさんが初めてで、
本当に嬉しいです。

大須も沢山雑貨屋さんあって、
ブラブラしてるだけでも面白いですよね♪
僕もたまにいきます。

リアルスタイルは、ちょっと説明するのが難しいところなんですが、
CBCテレビの近くと言えば近くです。

周りにこれといったお店もなくて、駅からも少し歩くので、
知る人ぞ知る雑貨屋さんといった感じですね。

ステーショナリー好きなら絶対オススメです!
今度ぜひ行ってみてくださいね。

また、お返事もらえたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


と返信したら、またすぐに

ピロリン♪

マジか!
めちゃ早いじゃん!
タイピング選手権の選手なれんじゃね?!

シャー専用機の使い手か?!
量産型の僕では太刀打ちできない。。

開いてみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私もめっちゃ早いお返事嬉しいです(๑>◡<๑)
私もまだ登録して間もなくて、そんなにメールしたことある人はいないです。

メールもそんなに来ないですしね。
メール貰えて嬉しかったです(╹◡╹)♡

リアルスタイルの場所は、ちょっとピンとこないですね(`・ω・´)

恥ずかしいんですが、私方向音痴で、
地下鉄の駅から出たら全然方向わからなくなって、いつも迷っちゃうんです。。( ;∀;)

まだメールし始めて間もないですが、
もしよかったら、今度案内してくれませんか?(^人^)

リアルスタイル行ってみたいです(*^▽^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おーーー
展開早くないかー?!

でも、別のサイトに誘導される気配もない。
返信も鬼早い。

これは、、
リアルな子なんだ。。

今までは、マッチングサイトをずっと疑ってたけど、
本物がいると信じたときでした。

展開が早すぎてこわくなるチキンな僕でしたが、
共通の雑貨屋さんという趣味があるならイケるかもしれないと思い、
思い切って返信しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事ありがとうございます!
リカさんにメール嬉しいと言ってもらえて嬉しいです!

リアルスタイルはぜひ行ってほしいので、
こんな僕でもよければ、ぜひ案内させてください。

駅からけっこう歩きますが大丈夫ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、まだ顔も知らない、会ったこともない子に、こんな思い切ったメールを、
バクバクと心臓を鳴らしながら送信しました。

するのまたすぐに返信が。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひ案内してほしいです(๑>◡<๑)
よろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

ほんとに私方向音痴で迷ってしまうので、
引かないでくださいね?ヽ(*´∀`)

歩くのはぜんぜん大丈夫です!
楽しみにしてますね⭐︎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんな感じで、あれよあれよと会うことが決まりました。

会う約束としては、
来週末のお昼に、雑貨屋さんの最寄駅の改札近くで待ち合わせすることになりました。

会ったこともない子といきなりデートが決まり、
久しぶりすぎるデートにどうしようかと悩みました。

とりあえず目的地は決まってるし、リアルスタイルでランチも食べれるので、

ランチを食べて、、
その後どうする!?

大須が好きって言ってたし、
栄とか買い物をブラブラするのがいいかなぁ?

あれだけお店が沢山あれば、歩いてるだけでも間はもつはず。。

なんかメールでオシャレなんでしょうねぇとか言われてしまってたので、
ガッカリされたらショックだな。。

とりあえず服は何着て行こうかな。。
クローゼットを開けて洋服を見てみるも、
そんなに服も持ってる訳ではないので、迷うほどない。。

無難にキレイめのシャツと綿パンと、
できるだけキレイなスニーカーで行くか、という感じで決めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はるきん、はじめてリアルで出会うも、洗礼を受ける

そして迎えた当日の朝。

いつもの週末なら昼過ぎまで寝てるのに、
緊張で早く目が覚めてしまいました。

シャワー浴びて目を覚まして
ヒゲを念入りに剃って
眉毛も整えて
鼻毛もチェックして。。

決めておいた服をきて、いざ待ち合わせの駅へ。

電車の中で音楽聴いてたけど
全然入ってこない。。

落ち着かずにケータイいじってそわそわ。
天気は晴れてくれて、雑貨屋さんに歩いていくのも問題ない天気でした。

11:30に駅で待ち合わせだったので、5分くらい前に着く電車で行きました。

ドキドキの初対面。。
どんな子がくるのかな。。

待ち合わせの駅ににつき、扉が開くと心臓がバクバク鳴ります。

階段上がって、改札口へ。
改札の近くに、女の子が立ってる。
他にまってる風の女の子はいない。

おそらくあの子だろうと思いました。

しかし

 

おい
まさか

あの子じゃないよな。。

ぽっちゃり系?
いや、力士系って属性ある?

例えるなら
芸能人の安藤なつ系。。

あの子か。。
あの子なのか?!

か、
帰ろうかな。。。

いやせっかく来てくれてるし
約束したし
でも帰りたい。。

逃げちゃダメだ。。。
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!、、!、、!

 

っとおびえながらも、待ち合わせてる子にメールを送ってみました。

目の前にいるのにメールかよ!
って感じですが。

すると、その子はケータイ出してメールを打ち始める。

ピロリン♪

間違いない!この子か!
覚悟を決めるしかない!!!!

使徒は降臨している!!
ATフィールド発動!
シンクロ率300%!!!!!

はるきん、いきまーーーーす!!!!

バクバクバクバクっ

勇気を振り絞って声を掛けました。

 

「あの、、リカさんですか?」

ケータイからパッと顔を上げてこちらを見る使、、いや女の子

「あ、はい、そうです!はるきんさんですか?」

「そうです!は、はじめまして! 待ちましたか?」

「いーえー
 わたしもさっき来たところです♪
 楽しみでちょっと早く着いちゃいました⭐︎キャピ♪」

「そ、そうだったんですね!
 僕もた、楽しみにしてました。
 じゃ、じゃあ行きましょうか!」

「うん!行きましょう♪
 今日は晴れて良かったですねぇ⭐︎」

「そうですね!雨だと歩くの大変だし、心配してました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とこんな感じで初対面でのデートが始まりました。

その子の見た目は正直タイプではない、、
明るくてキャピキャピしてるぽっちゃり系の使徒、、いや女の子でした。

まぁとにもかくにも、リアルで会うことができました。
初対面だけど、メールでは何度も話しているという不思議な感じでした。

挨拶をして雑貨屋さんに向けて歩きだすと、相手の明るい感じに助けられて、
なんとか普通に会話はできました。

めちゃめちゃ可愛い子だったら逆に緊張してこうは話せなかったかもと、
プラス思考で楽しむことにしました。

話しながら歩いてるうちに目的の雑貨屋さんに到着して、とりあえずランチを食べました。

食べ終わった後はお店の雑貨を見ながら、
リカさんは相変わらずキャピキャピはしゃいでいて楽しそうでした。

連れてきてあげてよかったなと思いました。

 

逃げなくてよかった。。

 

その後は考えてた通り栄の方に移動して、買い物したり、ブラブラして遊んだ。

夜になって、お腹空いたという話になり、その子が鉄板焼きの店に行きたいということで、
行ったことがあるお店があるらしく、お任せで連れて行ってもらうことに。

夜ご飯のお店は相手の好みもあるし、そもそもそこまで間が持つかもわからなかったので、
事前に調べることもできず、正直、希望を言ってくれる子で助かりました。

連れてきてくれたのは、

お好み焼き居酒屋?

みたいなところでした。
カウンタースタイルのお店で、目の前で焼いてくれるとこだでした。

料理は美味しいんですが、僕はこの子のキャピキャピ具合と、
スキンシップの多さに若干ひき気味になってきていました。

完全に肉食系女子です。

 

隣り合わせで座ってるから、メニュー見たりするときに、
必要以上にこちらに寄ってくる。。

 

再びATフィールドを発動!!!

僕、すきを見て距離を開ける

その子、また寄ってくる

僕、すきを見て距離を開ける

その子、また寄ってくる

 

ガガガガガガゴゴゴがガガガ!!!

え、ATフィールドが破られますっっ!!

使徒が入ってきます!!!

 

おい!
もぉこっち隙間ないよぉぉ!
この攻防なんなのぉぉ!!

という感じで、夕飯を食べ終えて店をでると、
バラエティで見たような酔っぱらいの子がそこに。

 

その子

「なんか酔っちゃったぁぁ
 どっかで休憩しない?」

と。

 

僕の脳裏には、
使徒に馬乗りになられて喰われる映像が。。

ガクガクガクガク。。。

だ、誰か助けてくださぁぉぁい!!!
瞳を閉じて僕は帰りたい。。

 

と内心思いながらも、まだ電車は余裕である時間だから、
とりあえず冷静を装って駅まで送って帰りました。

 

あーーーー
テンションの違いに疲れるぅぅ
タイプじゃない子に誘われるの辛いぃ

 

という初対面でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後も数人と会い、ついに大当たり?!

写真なしの方が返信もらえることが多いのがわかり、
写真なしの子を中心にメールしました。

会うまでルックスがわからないドキドキとリスクがあるけど。
そして、その後も数人と会うことができました。

それぞれの子の話はまた別の記事で書こうと思います。

マッチングアプリでこんな面白い出会いがあった話6選

マッチングサイトで初めてリアルで会うという大きな成果を出すも、 使徒に洗礼を受けた僕でしたが、その後もマッチングサイトを続けて、 数人の女の子とリアルで出会うことができました。 その中で特に印象に残っている面白かった出会いの話6選を書いてい ...

続きを見る

そして、また例のごとく駅で待ち合わせた子と会ったときのことです。
その子は会った瞬間にビビりました。

今までは、写真なしの子はみんな、
やはりルックスに自信がなさげな子ばかりでした。

でも、その子はちがいました。

「おい
 なんでこんな可愛い子が写真なしでいるんだ!?
 ついにツツモタセか?!」

めちゃくちゃタイプの子でした。
メールでも話しやすかったけど、実際会って話すともっと楽しかったです。
その子との時間はあっという間で、ずっとドキドキしていました。

向かい合わせで座って食事していても
つい相手の目を見続けてしまったのですが
それに困惑して照れてるその子の様子がマジで可愛かったです。

 

「なんでじっと見てくるの?」

 

と聞いてくるので、

「いや、なんとなく、、」

と訳のわからない返しをしてしまうありさま。

デートの時間はあっという間に過ぎ、別れ際の電車のホームです。

 もうお別れか

と思い、ものすごく名残惜しい気持ちになりました。
このままデートを終えても、また会えるかどうかも分からない。

相手は自分が楽しかったように、楽しんでくれただろうか。。
その子の中に、自分の思い出は残っただろうか。
もう一度デートするには、どうしたらいいんだろう?

わからない。

でも、彼女ともっと一緒の時間を過ごしたい。

彼女に触れたい。

でも初対面だし、
いきなり手なんて繋げる訳もない。

どうすればいいんだ?

少しでも僕の印象をその子に残したい。

触れたい。

そうだ、
握手ならどうだ?

海外ならハグして別れるとこもあるじゃん!
スキンシップは好感度を上げるって話も聞いたことあるぞ?

これしかない。。
行くしかない。。
もう電車もきそうだ。

 

バクバクバクバクっっ

 


「き、今日はありがとう!」

鉄アレイでも持ってるかのように重い右手をのばす。。!

 

女の子
「うん!わたしも凄く楽しかったよ!ありがとう♪」

ニコッと笑顔になって、僕の右手を握ってくれた。

 

電車がホームに入ってきて、トビラが開く。

 

時間よ止まれぇぇぇぇぇ!!!!!

願いも虚しく、彼女は手を離して電車に乗りました。
電車のドアがしまり、走り去っていく。
車窓の向こうで、笑顔で手を振ってくれています。

僕も慌てて手を振り返しました。
しばらく僕はその場で立っていました。

こんな出会いもあるのかと、
あのかつての干物生活からは想像もつかない世界にいる

そう思いました。
感動するとともに、次に焦りが出てきました。

マッチングサイトに登録してるってことは、
普通は他の人とも同時に連絡を取り合ってると思います。

現に僕もそうでした。
だから、今の子ともう一度すぐに会いたいと思いました。
幸いその日は土曜で、明日も休みだ!!

このまま何もせず、その子の様子を伺いながらメールをするだけでは、
他の人に取られると思いました。

だって、写真がないとはいえ、
実際に会ったらめちゃくちゃ可愛い子なんです。

 

会ったら大半の人は惚れるでしょ!!

 

今まで何人も会ってきたけど、
ダントツでその子はルックスも性格も良かったと思いました。

もうこんな子に会えることはないかもしれない。
もしいたとしても、こんな自分と会ってくれる子はいないかもしれない。

そう思えば思うほど、焦りが募ってきました。
幸い明日は休みです。

もしかしたら、あの子も休みかもしれない。

ダメ元で聞いてみよう。
後悔するならやってみてからの方がいい。

今メールしなかったら絶対後悔する。
そう思い、以前はコミュ障で干物だった僕からは想像もつかない感情の勢いで、
その子に明日も会えないかと、メールをしていました。

そしてすぐに返信が、

 

ピロリン♪

 

ドキドキ
開いてみると、、

 

いいですよと。。

 

おーーーーーーーー!!!
明日も会えるーーーーー!!!

 

とテンションMAXでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日の夜

その子は昼間仕事だったようで、夜に待ち合わせでした。
名古屋駅の金時計前で待ち合わせて、また会えました。
やっぱり可愛いです。

おいおい
どうするよ。。
勢いで会ったけれども。。

彼女はその日はあまり時間がないけど、
少しの時間ならということで、わざわざ会ってくれていました。

なんといい子なんだと思いました。

僕は、昨日彼女と別れてから、今日会いたいとメールで伝えてから、
ずっと彼女のことを考えていました。

彼女と一緒にいると、今まで会った誰よりも楽しかった。

もっと一緒にいたいと思った。
もっと沢山思い出が作りたいと思った。

まだ出会って間もないけど、
これは、

彼女のことが好きなんだと思った。

こわがって、すぐに行動できなかったら、他の誰かに彼女をとられて、
もう手の届かないところに行ってしまう。
握手することさえ難しくなってしまう。

そんなの嫌でした。

でも、いざ彼女を目の前にすると、足がすくんで、ガクガク震えてきます。

でも、気持ちは生き物だから、伝えないと心の中で死んでしまう。

会ってからの時間なんて関係なく、想いは伝えようと、思い切りました。
震える足で、彼女と駅北口にある広場の方へ歩いていきました。

 

「今日はなんのご飯食べたの?」

とか当たり障りのない会話をしながら、
僕はうわの空でした。

広場につくと、階段で少し物陰になっていて、
他のカップルたちも同じような物陰に座ってるような場所に座りました。

座ってから少しの沈黙。。

 

バクバクバクバク。。。

ここで言うしかない。
時間もそんなにない。。

逃げちゃダメだ。
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ。。!

 


「あ、あのね、ちょっと聞いてほしいんだ。」

彼女
「うん」


「昨日初めて会って、デートしたじゃん?
 でも、僕は初めて会ったような気がしないくらい、
 すごい話しやすくて、すっごく楽しかったんだ。

 一緒にいた時間はあっという間に過ぎてしまって、
 気づいたらもうお別れのホームで、
 このままお別れは本当に辛くて、
 これからもっと一緒にいたいと思ったんだ。

 もっと、沢山思い出が作りたいと思った。
 そして、他の人にとられるのは、絶対に嫌だと思った。

 だから、まだ会って間もなくてビックリさせてると思うけど、
 気持ちは伝えたいと思ったんだ。

 。。。

 好きです。
 付き合ってくれませんか?」

 

気持ちが一杯一杯で、早口に一気に話しまくりました。

 

彼女の言葉が返ってくることがこわくて
顔を見ることもできず
横に並んで座っていたから
ずっと目の前をみながらしゃべってました。

 

しばらくの間があく。
バクバクバクバク。。

 

彼女
「ありがとう。
 すごく嬉しいよ。
 わたしも、会ってからの時間は関係ないと思う。
 会ったときから、私も特別に感じてたよ。
 私で良かったら、付き合ってください。」

 

ん?
玉砕覚悟で臨んでたので、
予想外の言葉に少し間があいてしまいました。

オッケー、、?
付き合えるの?
ほんと?

泣きそうになるわ。。。

 

めちゃくちゃ奇跡な展開でした。
今思い出しても、よくやったなぁと思います。

完全に勢い任せで、なんの作戦もありませんから。
その後の話も別の記事でまた書こうとと思いますが、
今はさらに先の話に進めたいと思います。

告白に成功した僕にはとうてい想像もできなかった彼女の正体の話

目次1 彼女に告白成功のその後2 初デートの後のすれ違い3 彼女とネットワークビジネス4 年末年始にお互いの家族と急に会うことに5 珍しく平日の昼間に彼女から電話が 彼女に告白成功のその後 名古屋駅で、勢いだけの告白が奇跡的に成功し、 付き ...

続きを見る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大当たりのはずが!?

付き合いはじめてすぐ、彼女の仕事ぶりが尋常じゃないくらい忙しいことに気づきました。
僕も負けじとブラック企業で働いてましたが、その比じゃないくらい忙しい感じでした。

その訳はすぐにわかりました。
本業のほかに、

ネットワークビジネスをやっていたのです。

僕も彼女のネットワークビジネスに誘われました。
かたち上は登録することにしました。

彼女の話では、マッチングサイトに登録しているのも、
ネットワークビジネスのアポ取りのためにしていたとのことでした。

でも、僕とは会ったときから仕事抜きで好きになったから、
告白をOKしてくれたと話してくれました。

 

それでも、僕は複雑な気持ちでして。

だまされた訳ではないけど、
結果的にはネットワークビジネスのアポ取りの一人だった訳です。
それでこのルックスの子が写真なしにいた訳かとふに落ちました。

しばらく付き合いましたが、
やはりこのネットワークビジネスありきの彼女と付き合うのは、
不健全な気がして、別れることにしました。

めちゃくちゃ理想的な彼女と出会えて、付き合えて、最高の生活をゲットしたぜ!
と思ったのも束の間。

結局は業者と出会ったのと同じ結果です。
正直、相当ショックでした。

 

本気で彼女と付き合おうと決めたので、その時点でマッチングサイトも退会してました。

やっぱりどこまでいっても業者と詐欺師まみれのマッチングサイトか!!!
最後の最後でやられた!!!!
クソ!!!!
なんだよ!!!!!!

本気で惚れたから、なおさら心をえぐられました。
もうしばらく恋愛もする気にならない気分でした。
この後は、しばらくマッチングサイトからも距離を置いて、数年の時がたちました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三十路前に再びマッチングサイトへ返り咲き

三十路を前にして、また非モテ干物生活に戻ってしまっていた僕。
仕事の忙しさが半端なくなっていて、家に帰れない日も出てくるほどでした。

ゲロ吐きそうなくらい忙しく
上司も次々に辞めていき
なぜか僕が頭になる状況に。

このままでは会社に殺されると思い
転職を決めました。

年度末まで勤め、次の仕事が年度始めからはじまるので、束の間の休みがありました。
次の職場も男社会で出会いは望めない状況でした。

しかも最初の半年は研修で山奥の施設に住み込みとなり、外界から遮断されるとの話です。

しかも、研修に専念するため、授業に必要ないため、技能習得に必要ないから、同期の仲間と絆を深めてもらうため、と色々理由をつけて、

 

ケータイが、没収されるというウワサが。。

 

これは今動かないと、ずっと結婚できなくなると焦りました。

そうは言っても、地元の女友達はもうあらかた結婚してしまってるし
新たな出会いを求めようにも
一ヶ月もない休みでは、どうすることもできない。

僕の実家は超田舎で、海と山しかないようなとこで
人口の大半はシルバーさんな状態です。

この街での出会いは絶望的でした。
そうすると、残された手はマッチングサイトしかないのか?

 

かつて手痛い仕打ちを受けた、
これしかないのか?

。。。

これしかない。
やるしかない。
僕が結婚して、子供を育てるにはこれしかない。
今動かないと、一生後悔する。

そして再びマッチングサイトへ返り咲きを決めました。

このとき僕は29歳で、最後にマッチングサイトを利用してから3年がたっていました。
今回も同じようにメールを沢山送れば会えるだろうと思いましたが、今回は前回とは焦り方が違っていました。

もう今年30歳だ。

もう結婚して、子供がほしい。
今より遅くなれば、こどもを育てるのも難しくなる。
なんとかしたい。
それに時間もない。
1ヶ月後には、山奥で缶詰め軟禁生活だ。

数打つ時間もない。
写真なしの子でイチかバチかをやる時間もない!

可能性は低いけど、写真でタイプの子を探して
近くの子で
プロフィールもいい子いないか?!

と、全力モードで登録しました。

何人かにメールしましたが、
やはり業者風だったり、そもそも返信がなかったりでした。
それでも、数人とは会うことができたけど、なかなかこれだと思う子には会えませんでした。

このときの話もまた別の記事で書こうと思います。

逆玉のチャンス到来?家庭的なお嬢様と出会えたがそう上手くはいかず

目次1 家庭的だけどバブリーなAちゃんとの出会い2 Aちゃんからの返信3 待ち合わせ当日4 食事も終わり、二人で駅へ 家庭的だけどバブリーなAちゃんとの出会い 転職が決まり、その仕事を辞めて新しい仕事が始まるまで、 少しの休みになった3月。 ...

続きを見る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてついに山奥の研修所へ

1ヶ月ではやはり理想的な子に出会うことはできず、新しい職場の研修が始まりました。

入ってびっくり。
本当にケータイも平日の間は没収です。
外の情報は新聞の朝刊のみ。
天気予報すらわからない。
公衆電話か手紙を出すしかない。

いつの時代だよ!
と軟禁生活に絶望するも、前職のブラック企業生活に比べたら天国でした。

問題は出会いがないことだけだ!!!

ついに運命の出会いが

そして、研修も進んだゴールデンウィーク。
久しぶりに実家でゆっくり過ごせる連休。
ゴロゴロしながらも、マッチングサイトで必死に探してメールを出しまくってました。

その中でかなりタイプの子を見つけたのですが
あまりに可愛いし、サクラだろうと思いました。

男からのメールとか、いいねも沢山きてるようだし、
返信はないだろうなと思いつつ、ダメ元でメールしてみました。

その後も他の子を探したり、メール送ったりして数日がたちました。

もうその子にメールしたことも忘れた位の頃、
サイトを開いたら

 

ピロリン♪

メールが来てる。。
開いてみると、、

 

あの子だ!!!

 

やっぱりサクラだったか?
と思いながら、返信を送り、何通かやりとりしてみると、

あれ?
これサクラじゃなさそう?

まさかリアルな子か?
でも、こんな可愛い子がなんで僕に返信くれたんだ?

と色んなハテナが出ながらも、
めちゃくちゃテンション上がりながらメールをしました。

しかし、この日は5月5日でこどもの日。
連休は明日まで。

明日の夕方にはまた軟禁生活でケータイ没収される。。!

これはできる限り今日と明日で仲良くなって、
金曜日まで待っててくれるところまで行かなくては!!

必死に今までつちかってきたメールテクを駆使して、仲良くなろうとがんばりました。
なにせ、他の人からのメールやらいいねが大量にあり、
一度途切れれば、自分にチャンスはないと思いました。

 

メールのやりとりの一部ですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事ありがとうございます!
こんな質問していいのかわかりませんが、どうして僕に返信をくれたんですか?

沢山メールきてるだろうし、その中で返信もらえてとても嬉しかったです。

また返信もらえたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もう時間もあまりなかったですし、
本当に嬉しくて、疑問に思ったことを正直にぶつけて、
業者じゃないのかなぁという疑問を解消したいと思いました。

するとすぐに返信が、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事ありがとうございます。
確かにメールは沢山きていますね。

でも、最近はサイト自体もあまり開いてなくて、
メールもほとんど読んでいませんでした。

久しぶりに開いて、たまたま読んだメールが気が合いそうで、
写真も素敵な笑顔だったはるきんさんからメールだったので、
返信させてもらいました。

私も、またお返事もらえたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんな返信でした。

絵文字とか、華やかさのあるメールではないですが、
とても印象がいいメールをいつもくれて、これは業者じゃないんだなと思いました。

しばらく趣味の話や、地元がどんなところかというようなメールのやりとりをした後、
僕は、研修所に入ってしまう前に、布石を打っておかなければと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事ありがとうございます。
すごくメールしていて楽しいです、
本当にメールくれて、仲良くしてくれてありがとうございます(^^)

実は、僕は今転職したばかりで、
明日の夕方には研修所に戻らないといけなくて、
そこではケータイも没収されてしまうんです。

せっかく仲良くなれたので、ぜひもっとお話ししたいと思っています。
また週末にはケータイが使えるようになるので、
もしよかったら、待っていてくれませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、正直に自分の状況を伝えました
するとまたすぐに返信が。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お返事ありがとうございます。
そうなんですね。
研修大変ですね、がんばってくださいね。

私もお話ししていて、とても楽しいです。
明日から連絡がとれなくなっちゃうんですね。
とても残念です。

でも、待っていていいのなら、待ってますね。
お仕事がんばってください。

もしかしたら、私から一方的にメールは送ってるかもしれません。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんと、
今の時代に平日の間連絡がとれなくなるというのに、
待っていてくれると言ってくれました。。

なんていい子なんだと思いました。

これは手放してはいけない。
ラストチャンスかもしれない!

そう思いながら、
明日の夕方まで、出来る限りの回数、メールを沢山やりとりして、
名残惜しさ100%でケータイを研修所に没収されました。

そして再び軟禁生活に戻りました。

もぉ
ほんとなんでこの時代にケータイ没収なんだよ。。
とぶつぶつ言いながら
祈る思いで平日の研修をこなしました。 

やっとの思いで迎えた金曜の夕方
速攻でケータイの電源入れて
サイトにログイン!!

 

メールは。。。

 

来てるーーーーーー!!!
開けひらけ開けひらけひらけーーーー!!

 

読んでみると、
水曜日くらいにメールがきてる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう寂しくて限界かもです。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なぬーーーーー?!
これ即レスしないとなやつでしょーー!

 

もう大慌てでメールを打ち、
通常の3倍の速度で送信!

 

すると、すぐに

ピロリン♪

返信はや!
と、開いてみると、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お疲れ様ー
待ってましたよぉ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と普通なテンション。
もうすでに落ち着いてらっしゃる様子。。
まぁとりあえず、またやりとりが再開できて安心しました。

この週末で、またさらに仲良くなろうとがんばってメールしました。
以前のコミュ障の頃から見たら、見違える成長です。笑

そして、平日はケータイがなく、
手紙しか出せないことから、
住所を教えてもらって手紙を書くことにしました。

はじめの頃は、週に一度水曜くらいに届くように、毎週必ず手紙を出しました。
そのうち手紙の数が増えて、たぶん2日に一回くらい届くように送りました。

手紙は送れるけど、受け取りは研修所の人にまず届いてしまって、
質問されたら面倒でできなかったので、
一方的に送るだけだったんですけどね。

 

それでも必死でした。
5日間も連絡できない状態は不利すぎる!

 

この間に他の人とメールしてるんじゃないなと、
気が気じゃありませんでした。
だから、手書きのあたたかみに賭けるしかありませんでした。

そんなやりとりが一ヶ月くらい続きました。

ついに会える日が

研修の中休みのときに、彼女の住む町に行くことになりました。

駅で待ち合わせ。
ホームから改札に降りていく。

 

ドクン。。

ドクン。。。

かなり緊張します。

改札が見えてきた。

 

今回は、もうメールで確かめるまでもありませんでした。
明らかにオーラが違う子が改札の外にいます。

ぜったい、あの子だ。

めちゃ可愛いじゃないですか。。!!

お互いに目が合い、同時に笑顔になりました。

 

もうイチコロです。

 

改めてはじめましてと挨拶もそこそこに、彼女の案内で観光をすることに。
そして、このとき僕は決めていました。

彼女にこの日、告白しようと。

 

彼女が連れて行ってくれたのは、初夏の綺麗な海でした。
砂浜がめちゃめちゃ広大なところで、波打ち際までが遠い遠い。
なんとかたどり着き、砂浜で座って話しはじめる。

このとき、もう僕は告白のセリフのことで頭がいっぱいで、
まともに会話できてたのか、
よく覚えてない。

そしてついに告白。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あのね、
 ゴールデンウィークにメールのやりとりがはじまって、
 もう一ヶ月くらいたったよね。

 あっという間だったね。

 メールする度にすごい楽しくなって、もっと話したいと思ったんだ。
 もっと知りたいことがたくさん出てきて、早く会ってみたいなぁとすごい思った。

 研修所で授業受けてるときも、ずっと頭の片隅で考えてて、
 手紙になんて書こうかなとか考えてた。

 この間に誰か他の人と話してたりするのかな、とか不安に思ったりしてさ。

 でも、今日やっと会えて、本当に嬉しかったよ。

 僕の気持ちに間違いはなかったって、
 確信したよ。

 ずっと言いたかったんだ。

 とても、好きになりました。

 付き合ってください。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

彼女
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「・・・・・。

 わたしも、この一ヶ月くらいたくさんお話ししてきて、
 すごい楽しくて、平日に連絡が取れなくなるのはすごい寂しかったよ。
 でも、お手紙が届いたときは、

 本当にきた。。

 って驚きながら、部屋の隅の方で何度も読んで、ニヤニヤしてたんだよ。

 すごく嬉しかった。
 これからも、たくさんお話ししたいなって思ったよ。

 わたしも、好きです。

 こんなわたしでよければ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

。。。
自分が理想に描いていた彼女ができた瞬間でした。

キモいと思いますが、
成功法の一つで、ほしいものをかなり具体的に書き出すというものを知り、
理想の彼女像として書いた通りの子でした。

性格とか見た目とか。

そして、このときの彼女が、
今の奥さんです。

奥さんとの話は、今回はかなり凝縮して書きましたが、
もしもっと読みたければ別記事で書くので、読んでみてください。

運命の彼女と付き合うも再び戻る軟禁生活に待っていた過酷な現実とは

目次1 告白が成功し、彼女と付き合うことができたその後の話2 再び軟禁生活3 テスト明けの6月下旬4 次の日の朝5 サンセットクルーズへ6 彼女が僕の実家に7 翌日は伊豆観光8 次に彼女と会えたのは9 思い出はオレンジジュース10 彼女の実 ...

続きを見る

こんな感じで、

モテない
時間ない
出会いない

元社畜の非モテ男子でコミュ障の僕でも、
理想の彼女と出会うことができ、
その2年後には結婚することができました。

今は3人のこどもに囲まれて、週末は公園やら動物園やら、
近所の散歩ですら、家族といると意味のある日々に変わりました。

一人暮らしのときは、休みの日に意味を持たせようとがんばってたけど、
今は毎日が意味のある、楽しい生活に変わりました。

ごはんもみんなで食べるとこんなに美味しいのかと気づきました。
職場でのごはんも、外食からお弁当に変わって、
僕のために作ってくれたごはんの暖かさを知りました。

世間一般からすれば、
すごく平均的で普通な家族かもしれないけど、僕にとっては夢にまでみた生活です。

こんな僕でもできました。

子育ては本当に難しくて、
いつも悩んでるけど、こどもや奥さんがくれる喜びや幸せは、
何にも代え難いものがあります。

これは家族を持ってはじめて知りました。
これからも僕の奮闘記は続いていきますが、ここでいったん僕の物語はおわりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めてこんにちは、はるきんです。
さいごまで読んでくださってありがとうございました!

最後まで読んで下さったあなたに、僕から無料プレゼントを用意しました。

お友達登録でプレゼントを受け取る

今日お話しした通り、世の中にはいろんな出会い方がありますが
僕自身はマッチングアプリで今の奥さんとめぐり逢い
結婚することができました。 

僕がどうやって結婚することができたのか、1から100まで全部を実話で記事にしました。
このブログの中でも一番読まれている人気記事です。

一番人気の記事はコチラ

当時の僕は29歳の社畜で非モテ、それに加えてコミュ障だったので、
時間も出会いもありませんでしたが、彼女が欲しくて焦っていました。

周りの友達は結婚ラッシュだし
親からの

「あんた、いつ結婚するの?」
「孫の顔が見たいわ」

というプレッシャーも半端なく、自分自身も子供が欲しかったし、
もう一人暮らしも飽きて、家族が欲しいと思っていました。

そんな中でマッチングアプリに登録したことから僕の人生は好転しました。

時間も出会いもない中で、どうやったら彼女が作れるのか、
僕のたどってきた経験をもとに
そのノウハウを無料メールマガジンで発信しています。
ブログでは書けない、クローズドなメルマガだからこそ書けるノウハウを書いています。

こんなあなたに向けたノウハウです

  • もうアラサーで結婚を真剣に考えている
  • 年齢的にも時間的にも余裕もないし、次に付き合う子とは結婚を考えたい
  • 確実にいい子と付き合いたい
  • 親を安心させたい
  • 子供がそろそろ欲しい
  • このまま独身なんて嫌だ
  • 今の自分を変えるきっかけが欲しい
  • 奥手男子だけど、恋愛を諦めたくない

これは、僕が理想の彼女と付き合うまでに試行錯誤したテクニックに加え、
社会心理学や行動心理学に基づく実験によって証明されているテクニックを厳選したレポートです。
被験者が僕一人の経験談ではなく、何百人という被験者を対象に実証された、科学的エビデンスのあるテクニックです。

それらを、理想の彼女と付き合うという結果に結びつくものだけに絞りました

だから、無駄な物は一切抜きにして、これをやればLINEで確実に彼女の好意をゲットできる!

というものに仕上げました。
例えばこんなテクニックが載っています。

  • LINEで女の子から逆にデートに誘ってくるくらい仲良くなるコツ
  • LINEの好印象を与えるアイコンと
    女性に無意識に嫌悪感を抱かせるダメアイコンとの違い
  • これを使ったら100年の恋も冷める使用厳禁ワード集
  • あなたのLINEが続かない原因をズバリ当てます
    これを知らずにデートに繋げるのは絶望的
  • デートの誘いを女の子がノリノリでOKしてくれるLINEのコツ
  • 相手がこちらの希望通りに動いてくれるメールテクニック

 

ぜひプレゼントを受け取って、僕と直接お友達になってお話ししましょう♪

お友達登録でプレゼントを受け取る

スポンサーリンク

-はるきんの体験談

© 2021 アラサーで結婚を焦っているあなたが3ヶ月以内に結婚できるブログ Powered by AFFINGER5