マッチングアプリ

マッチングアプリでぼったくりバーに連れて行かれる?予防と対処法

こんにちは、はるきんです。

ぼったくりバーといえば、美人なキャッチに「安く飲めるよ」と誘われて行ってしまう。
このようなイメージがあるかもしれません。

しかし近年では、マッチングアプリからぼったくりバーに連れて行かれる人が増えています。

スポンサーリンク

マッチングアプリで美女とマッチングしたら、非モテ男子は浮かれてしまうかもしれませんね。
気がついたらぼったくりバーで、法外な値段を請求されていた…。
なんてことが起こらないようにしてください。

今回は、マッチングアプリぼったくりにあわないための予防策や、対処法を解説します。

非モテ男子でも気を付けてマッチングアプリを使えば、安全に素敵な出会いができます
危険ばかりではないので安心してください。

 

マッチングアプリでぼったくりバーに連れて行かれる?

woman holding wine glass with bokeh lights

ぼったくりバーは、高額な料金を請求するバーのことです。
説明されていない高額な請求をされたり、1ドリンクあたりありえない金額を提示してきます。

実はマッチングアプリでも、女性がぼったくりバーに誘導してくることがあります

お店自体は一見普通のバーのことが多く、つい安心して入ってしまう人が多いようです。
しかし油断すると、お会計時に痛い目を見ることに……。
注意しなければいけません。

https://twitter.com/matching_theory/status/1378339828496928771?s=20

はるきん
ぼったくりバーに男性を連れて行くことで、アプリの女性は報酬をもらっているということですね。
出会い目的でなく、お金目的でマッチングアプリを利用する悪質ユーザーですね。

https://twitter.com/pekepon_taro/status/1359050877881880576?s=20

はるぱん
実際にマッチングアプリからぼったくりバーに連れて行かれて、被害にあった人もいるようですね。
悪質ユーザーを見分けられるようにならないといけません

 

ぼったくりにあわないための対策2つ

Woman, Model, Cocktail, Drink, Wine, Alcohol, Bottles

ぼったくりにあわないためにはどうしたらよいのでしょうか。

紹介する2つを行えば大丈夫!
ぼったくりしようとしている女性を見破ることができます。

ぼったくりにあわないための対策

① ぼったくりしようとする女性の特徴を知る
② デートの場所を確認する

詳しく説明していきます。

① ぼったくりしようとする女性の特徴を知る

ぼったくりバーに連れて行こうする女性には特徴があります。
それを事前に覚えておけば、騙されるなんてことはなくなります。

ぼったくりバーとグルになっている女性の特徴はこちらです。

・ちょっとエロい写真や自己紹介文を載せている
・メッセージですぐに会おうとする
・いきなり飲みに誘ってくる
飲みの店を女性が指定してくる

エロい写真を使っていたり、プロフィールに大人の関係を匂わせていたら注意しましょう。
エロを餌に男性をおびき寄せようとしています。

そして、ぼったくりを狙う女性の間違いない特徴としては、お店を指定してくることです。

仮に飲みに行くとしても、普通の女性ならお店を頑なに指定する必要はありません。
「僕も連れて行きたいお店がある」とあなたからも、提案してみましょう。

はるぱん
マッチングアプリでデートに行くのは、お互い仲良くなるのが目的です。
飲みに行くとしても、場所にこだわる必要はないはずです。
もし1つのお店にこだわる様子があったら怪しいと考えましょう。

はるきん
六本木にこだわっていたんですね…。
これは怪しい…。

他にも要注意女性はいます。
こちらの記事を参考にしておくと安心です。


はるぱん
この記事を参考に、女性の特徴を知っておけば騙されることはなくなります
知っていると知らないとでは大違い!
是非読んでみてくださいね。

② デートの場所を確認する

もしバーに誘われた場合は、事前にお店の名前や場所を聞いて調べておきましょう
ぼったくりバーならば、良い評価は入っていないはずです。
また、検索にヒットしないお店にも注意が必要です。

女性はお店の名前をごまかすかもしれません。
しかし、その時は正直に「ぼったくりとかあるから事前に調べておきたい」と伝えましょう
もし返事が来なくなれば、ぼったくり女性確定と考えて良いでしょう。

26才男性

マッチングして会うことになりました。
行きたい場所があるというので、詳しい場所を聞こうとしたら「サプライズ」と言われて頑なに教えてくれませんでした
「デートで使う予算とかも考えたいから教えてほしい」と頼んだら、「カードで払えるでしょ?」と言われて…。
「これおかしい?」と思って、「カード持ってないから、教えてほしいな~」と言ったら連絡がつかなくなりました
これは騙される寸前でしたね。

はるぱん
まさにぼったくりバーに連れて行く手口ですね!
行く前に気がつけて良かった。

 

デート当日の対処法

silhouette of man and woman facing each other during golden hour

実際に女性に会ってから「ぼったくりバーに誘われているかも」と思った時の対処法をご紹介します。
2つの場面に分けているので、ぜひ参考にしてください。

・私のおすすめのバーに行こうと誘われたとき
・ぼったくりバーに行ってしまったとき

それでは、説明してきます。

私のおすすめのバーに行こうと誘われたとき

基本的には待ち合わせになる前に、メッセージやプロフィールなどで見破るようにしましょう。
しかし、会ってからやデートの途中で怪しいと感じる場合もあります。

そのようときは、以下の方法で切り抜けましょう。

ポイント

・かたくなに拒否
お金がないことを強調

もう少し詳しく説明します。

かたくなに拒否

食事をした後に

友達がやっているバーがあるんだけど飲み直さない?」
「私のおすすめのお店があるんだけど。」

などと誘われる場合があります。

もし女性が特定のバーに誘ってきたときは怪しいと考えて、かたくなに拒否してください。

断る理由は「今日は時間がない」「今日はお酒飲めない」など何でもOK!
なにがなんでもバーには行かないようにしましょう。

はるきん
知り合い」や、「私のおすすめ」などの言葉には気を付けた方が良さそうです。

はるぱん
本当におすすめしてくれている場合もあります。
そのお店の名前を聞いておいて、次のデートの時の楽しみに取っておきましょう。
名前さえわかれば、そのお店の評判を調べられますね。

お金がないことを強調

しつこくバーへ誘われたら、お金がないことを強調してください。

女性の目的はお金です。
お金を持っていなければ連れて行く意味がありません。

「今日は最低限しか持っていない。」
「顔合わせだけだと思ったから電子マネーしか持っていない。」

などと伝えましょう。

はるぱん
お金を引っ張れないとわかれば、女性は諦めるはずです。

ぼったくりバーに行ってしまったとき

お店まで行かないのが一番です。
しかし、飲んでしまってから気が付いたということも考えられます。

もしもお店に行ってしまった場合の対処法を解説します。
お店で被害に遭ってしまったら、以下の方法で対処してください。

ポイント

明細をみせるように要求
・警察署や交番など、警官のいるところに行く
・お店とのやり取りをスマホで録音

言われたままお金を払ってしまうと、もう取り返すことはできません
払う前に交渉や証拠集めをしましょう。

明細をみせるように要求

ぼったくりバーや、キャバクラでは最終的な金額だけを書いた紙を示されることが多いです。

しかし不当に高い金額を要求された時は、支払う前に必ず明細を出すように要求しましょう。
事前に受けていた説明よりも高く請求されている場合は、説明を求めてください。

また同時に、「最初に聞いていた額しか払わない」と主張することも重要です。
多くのぼったくり店は「〇〇円で飲み放題」などで勧誘しています。

そのことを持ち出し「払わない」という意思を徹底しましょう。
あくまでも納得できる金額だけを払って帰るというのが最善の策です。

はるぱん
食い逃げにされてしまうのは嫌ですよね。
全く払わないのではなく、自分の納得できる金額だけ払うようにしましょう。

警察署や交番など、警官のいるところに行く

警察を呼ぶ、交番に場所を移すなど、身の安全を確保することも忘れないようにしましょう。

店側は「警察を呼んでくれてもかまわない」と強気に主張してくることがあります。
さらに警察を呼ばないとわかると、さらに強硬な脅しに出てくる可能性があります。

警察はぼったくりに関して「民事不介入」という立場をとりがちです。
しかし警察の目の届くところで交渉すれば、暴行や恐喝などからは身を守ることができます

はるきん
暴力を振るわれる可能性は低いです。
暴力問題が起きると、お店も営業ができなくなってしまいますからね。
それでも警察の目の届くところや、人目の多いところの方が安心です。

お店とのやり取りをスマホで録音

できればお店に入った時から、会話を録音しておきましょう。

ぼったくりバーは、言った言わないの水掛け論になりがちです。

「最初に説明した」
「キャッチの言ったことなど知らない」
「うちとは関係ない」

と言われることがあります。
すべてのやりとりを録音しておくようにしましょう。

録音しておけば、後々警察に相談する時に有利になります
バレてしまうと消去されるので、バレないように録音してください。

はるきん
怪しいと思ったら、トイレに行くタイミングなどで録音アプリをONにして胸ポケットやバックに入れましょう。

はるぱん
胸ぐらをつかまれたり、高圧的な態度で脅された時は警察が動いてくれます。
もしものときの証拠にもなりますね。

警察なんて話をしてしまうと、「マッチングアプリって危険なんじゃないの」と思ってしまうかもしれません。
しかし、安全なマッチングアプリを選べばこのような危険なケースはほとんどありませんので安心してください。

マッチングアプリが不安になってしまった人は、こちらの記事も参考にしてください。

 

ぼったくりを回避しやすいマッチングアプリ2選

Love, Couple, Holding Hands, Engagement, Romance

ぼったくりバーへの誘導にあわないために、マッチングアプリも選びましょう。
きちんとマッチングアプリを選べば、悪質なユーザーと出会う確率は下げることができます

ここでは2つのマッチングアプリを紹介します。

おすすめのマッチングアプリ

Dine:レストラン自動予約のアプリ
Pairs:大手有名アプリ

それでは、みていきましょう。

Dine:レストラン自動予約のアプリ

Dineは「デートにコミットする」がコンセプトのマッチングアプリです。

何通ものメッセージのやり取りは必要ありません。
マッチング成立した後は、48時間以内にデートの予定を決めるだけです。

デートの場所はアプリ内から選ぶので、ぼったくりの心配は一切ありません

会員数 非公開(2021年3月時点)
主要年齢層 男性:25歳~34歳
女性:25歳~34歳
利用目的 恋活・婚活
月額料金 男女同額
iPhone:3,900円(税込)/月
Android:3,900円(税込)/月
運営会社 株式会社Mrk&Co

はるぱん
非モテ男子には、メッセージのやり取りや、デートに誘う必要がないのも嬉しいポイントですね!
マッチングしてお店さえ選べば、デートに進むことができます。
選べるお店は厳選されているので、味も雰囲気もばっちり!
ぼったくりがない安心感があります。

はるきん
Dineで素敵な出会いができそうですね!

Pairs:大手有名アプリ

Pairsは累計利用者1000万人を突破した国内利用率No1のマッチングアプリです。
マッチングアプリに興味のある人なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

有名大手であるPairsは、運営会社がしっかりと管理しているので悪質ユーザーは少ないです。
アプリ自体の使い勝手が良いので初心者はとりあえずペアーズを始めれば間違いありません。

会員数 累計会員1,000万人突破
主要年齢層 20代~30代
利用年齢層 恋活・婚活
月額料金 男性:月額3,590円(税込)~
女性:無料
運営会社 株式会社エウレカ
はるぱん
1,000万ってすごい数字ですね!
これだけの人から信頼されているということですね。
はるきん
運営会社が管理していても、悪質ユーザーと出会う可能性はあります。
自分でも見極められるようになりましょう。

https://twitter.com/tvxq_pelican29/status/1386298509050060803?s=20

はるぱん
ペアーズは会員数が多いので、理想の人と出会える可能性も高いですね!

 

まとめ

man and woman in white wedding dress walking on brown grass field during daytime

今回はマッチングアプリで、ぼったくりにあわないための予防策や対処法を解説してきました。

残念ながら、マッチングアプリにはぼったくりバーへの誘導を目的とする女性がいます
そのような悪質ユーザーを見分けなければなりません。

ぼったくりバーとグルになっている女性の特徴はこちらです。

・ちょっとエロい写真や自己紹介文を載せている
・メッセージですぐに会おうとする
・いきなり飲みに誘ってくる
・飲みの店を女性が指定してくる

またデートで女性がお店を指定してきた場合は、そのお店の情報を調べておきましょう
ぼったくりバーならば、良い評価は入っていないはずです。

もしデート当日に怪しいと感じた場合は、下記の対応をしてください。

ポイント

<私のおすすめのバーに行こうと誘われたとき>
・かたくなに拒否
・お金がないことを強調

<ぼったくりバーに行ってしまったとき>
・明細をみせるように要求
・警察署や交番など、警官のいるところに行く
・お店とのやり取りをスマホで録音

そして、ぼったくりバーへの誘導にあわないために、マッチングアプリを選びましょう
きちんとマッチングアプリを選べば、悪質なユーザーと出会う確率は下げることができます。

アプリ内でお店を決められるDineや、有名マッチングプリのPairsがおすすめです。

マッチングアプリには素敵な出会いがたくさんあります。
実は僕も、マッチングアプリを利用して妻と出会うことができました
実体験を記事にしていますので、是非読んでみてください。

元社畜で非モテがマッチングアプリで運命の彼女とめぐり逢った実話

僕は土屋はるきと言います。 だから、はるきんと名乗っています。 僕は数年前にマッチングサイトで理想の彼女ができて、今はその子が奥さんになり、子供も3人できて、幸せな毎日を過ごしています。 今回はマッチングアプリのお話をしたいと思います。 こ ...

続きを見る

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めてこんにちは、はるきんです。
さいごまで読んでくださってありがとうございました!

最後まで読んで下さったあなたに、僕から無料プレゼントを用意しました。

お友達登録でプレゼントを受け取る

今日お話しした通り、世の中にはいろんな出会い方がありますが
僕自身はマッチングアプリで今の奥さんとめぐり逢い
結婚することができました。 

僕がどうやって結婚することができたのか、1から100まで全部を実話で記事にしました。
このブログの中でも一番読まれている人気記事です。

一番人気の記事はコチラ

当時の僕は29歳の社畜で非モテ、それに加えてコミュ障だったので、
時間も出会いもありませんでしたが、彼女が欲しくて焦っていました。

周りの友達は結婚ラッシュだし
親からの

「あんた、いつ結婚するの?」
「孫の顔が見たいわ」

というプレッシャーも半端なく、自分自身も子供が欲しかったし、
もう一人暮らしも飽きて、家族が欲しいと思っていました。

そんな中でマッチングアプリに登録したことから僕の人生は好転しました。

時間も出会いもない中で、どうやったら彼女が作れるのか、
僕のたどってきた経験をもとに
そのノウハウを無料メールマガジンで発信しています。
ブログでは書けない、クローズドなメルマガだからこそ書けるノウハウを書いています。

こんなあなたに向けたノウハウです

  • もうアラサーで結婚を真剣に考えている
  • 年齢的にも時間的にも余裕もないし、次に付き合う子とは結婚を考えたい
  • 確実にいい子と付き合いたい
  • 親を安心させたい
  • 子供がそろそろ欲しい
  • このまま独身なんて嫌だ
  • 今の自分を変えるきっかけが欲しい
  • 奥手男子だけど、恋愛を諦めたくない

これは、僕が理想の彼女と付き合うまでに試行錯誤したテクニックに加え、
社会心理学や行動心理学に基づく実験によって証明されているテクニックを厳選したレポートです。
被験者が僕一人の経験談ではなく、何百人という被験者を対象に実証された、科学的エビデンスのあるテクニックです。

それらを、理想の彼女と付き合うという結果に結びつくものだけに絞りました

だから、無駄な物は一切抜きにして、これをやればLINEで確実に彼女の好意をゲットできる!

というものに仕上げました。
例えばこんなテクニックが載っています。

  • LINEで女の子から逆にデートに誘ってくるくらい仲良くなるコツ
  • LINEの好印象を与えるアイコンと
    女性に無意識に嫌悪感を抱かせるダメアイコンとの違い
  • これを使ったら100年の恋も冷める使用厳禁ワード集
  • あなたのLINEが続かない原因をズバリ当てます
    これを知らずにデートに繋げるのは絶望的
  • デートの誘いを女の子がノリノリでOKしてくれるLINEのコツ
  • 相手がこちらの希望通りに動いてくれるメールテクニック

 

ぜひプレゼントを受け取って、僕と直接お友達になってお話ししましょう♪

お友達登録でプレゼントを受け取る

スポンサーリンク

-マッチングアプリ

© 2021 アラサーで結婚を焦っているあなたが3ヶ月以内に結婚できるブログ Powered by AFFINGER5