居酒屋

居酒屋店員とライン交換する方法教えます。これで連絡先ゲット!!

店員さんに一目惚れしたこと、ありますか。

 

毎日立ち寄るコンビニ、お気に入りのセレクトショップ、よく行くカフェや居酒屋。

たくさん人がいる中で、特定の店員さんにドキッとしてしまうこと、ありませんか。

 

気になるけど、 相手は自分のことなんて知らない。

声をかけたいけど、タイミングがわからない。

 

仕事中の店員さんに

ライン交換してください」

なんて言って良いのだろうか。

 

そんな悩めるあなたに、居酒屋の店員さんとスムーズに連絡先を交換する方法を教えます。

居酒屋店員さんとライン交換する方法

気になったからと言って、いきなり

「連絡先教えてください」

絶対にダメです。

 

次の4つのステップを踏みましょう。

  1.  お店の常連になる
  2.  顔を覚えてもらう
  3.  名前を覚えてもらう
  4.  連絡先を渡す

 

STEP1 お店の常連になる

一目ぼれの場合はもちろんですが、

よく行く店舗、よく見かける店員さんだとしても、自分のことを知っているとは限りません。 

 

まずはそのお店の常連になりましょう。

 

気になる相手がバイトスタッフの場合は、お店にいる時間や曜日も決まっているかもしれません。

はるぱん
毎日通えば、シフトを覚えられていいね
はるきん
それが、毎日行くのはやめた方がいいんだよ
はるぱん
どうして?
はるきん
店員さんから「毎日来ている変な客」という目で見られることもあるんだよ
はるぱん
それは困るわ

 

コンビニならともかく、居酒屋は一般的に毎日行く場所ではありません。

3日通ったら、1週間休む。

もしくは週2回くらいにしておくと、ストーカーなどと思われにくいようです。

女性体験者さん
会いに行きたいけど、一人で居酒屋は行きにくい

こんな人もいますよね。

そんなあなたは、お友達との飲み会や職場の歓送迎会で幹事になって積極的に利用しましょう。

 

STEP2 顔を覚えてもらう

ただ通っているだけではチャンスは巡ってきません。 

次は顔を覚えてもらいましょう。

といっても、ジーっと気になる店員さんの顔を見つめていてはダメですよ。

 

「何か用かな」

はまだしも

「気持ち悪い」

なんて思われてはお先真っ暗です。

 

ではどうすればいいのでしょう。

 

簡単です。

注文すればいいのです。

 

何度も注文すれば、そのたびに顔を見てもらえます。

その時に、ほんの少し会話をすると記憶に残りやすくなりますよ。

 

天気の話やおすすめメニューを聞くのもいいですが、

店員さんをほめると好印象が残せます。

 

「笑顔が素敵でいいですね」

「対応が早くて助かりました」

 

このくらいのちょっとした会話で十分です。

店員さんを直接ほめるお客さんはなかなかいませんから、喜んでくれますよ。

 

名札を付けている店員さんなら、名前で呼んでみるのも好印象です。

「お名前、○○さんとおっしゃるんですね」

「○○さん、良くお会いしますね」

 

名前を呼ばれて悪い気分にはならないですよね。

店員さんではなく、個人として認識されているというのは嬉しくなるポイントだと思います。

 

毎回同じものを注文するのもおすすめです。

「気に入っていて、いつも注文してます」

と話しかけるネタになるのはもちろん、

□□を注文する人

と顔を覚えてもらえる可能性が高くなります。

 

「毎回注文されますね」

なんて話しかけられたら、完璧な常連さんです。

 

注文の時だけでなく、お会計や店を出るときに話しかけてもいいですね。

ただし、店員さんは仕事中。

長く引き留めるのはご法度です。

 

STEP3 名前を覚えてもらう

顔を覚えてもらったら、次は名前です。

 

名前を覚えてもらう簡単な方法は予約することです。

予約してお店に行けば、間違いなくあなたの名前を覚えてもらえます。

 

顔と名前を知っている常連さんは、店員さんにとっても話しかけやすいお客様です。

今までより、話が弾むかもしれませんね。

 

STEP4 連絡先を渡す

やっとここまで来ました。

ついに連絡先を渡す日です。

 

連絡先を渡す?

交換じゃないの?

 

そう、渡すんです。

 

電話番号やメールアドレス、LINE IDなど連絡先を書いたメモをそっと手渡しましょう。

 

店員さんはあくまでも仕事中。

 

その場で「ライン交換してください」と言われたら、戸惑うかもしれません。

仕事中は私物を持っていなくて、「できません」と言われるかもしれません。

他のスタッフの目を気にして、断られるかもしれません。

 

あなたはメモを渡し、連絡が来るのを待ちましょう。

電話よりメール、メールよりラインの方が気軽に連絡をくれるのでおすすめです。

 

連絡先交換はスタート

連絡が取れるようになると、

店員と客

から

個人と個人の関係

が始まりますね。

 

でも、まだ連絡がとれる知人、友人というレベルなのをお忘れなく。

はるきん
ライン交換できてもこんなこともあるようです。
男性体験者さん
居酒屋店員さんに連絡先を渡したらラインが来たので、これって脈あり?と単純に喜んだんです。
はるきん
違ったんですか?
男性体験者さん
こちらからのメッセージに返信してくれるんですけど、3日後とか1週間後とか。
向こうからきたことはないので、やっぱり脈なしですよね。
はるきん
連絡は取るけど「大事なお客様」ということだったようですね。

必ずしも関係が深まるわけではないようですが、一歩踏み込めるかどうかはあなた次第です。

 

まとめ

居酒屋の店員さんと連絡先を交換するには、4つのステップを踏みましょう。

  1. お店の常連になる
  2. 顔を覚えてもらう
  3. 名前を覚えてもらう
  4. 連絡先を交換する

 

店員さんはお店に行けば、いつでも会えます。

急がず、焦らず、しっかり顔見知りになってから連絡先を交換すれば大丈夫です。

そして、気軽に連絡をもらうにはライン交換が良さそうです。

 

ただし、連絡を取れるようになっても、友達以上の関係になれるかどうかはわかりません。

もしあなたがもっと踏み込んだ関係を望むなら、居酒屋に通うよりマッチングアプリで希望に合う相手を探したほうがいいかもしれませんよ。

元社畜で非モテがマッチングアプリで運命の彼女とめぐり逢った実話

僕は土屋はるきと言います。 だから、はるきんと名乗っています。 僕は数年前にマッチングサイトで理想の彼女ができて、今はその子が奥さんになり、子供も3人できて、幸せな毎日を過ごしています。 今回はマッチングアプリのお話をしたいと思います。 こ ...

続きを見る

 

-居酒屋

© 2022 アラサーで結婚を焦っているあなたが3ヶ月以内に結婚できるブログ Powered by AFFINGER5